sodane

46歳、両側乳がんになりました⑨ 退院してからも大変。

検査・告知・手術・仕事復帰・これからのこと・・誰かのお役に立てればと綴ります。つながりも増えました!ご縁に感謝です。

前回までは入院中のお話をしていました。両側同時性乳がんだったので両側に排液管、ドレーンがついていたので10日ほどの入院。片方の方は1週間で退院です。退院したあとの方が長い、不安があっても誰にも聞けない!おうちに帰ったあとからが本当の勝負です。

 私の場合、仲良くなった人たちとLINEをつなぎ、いちいち報告。これが非常に今も助かってます。全然みんな状況・環境が違う人たち。それでもなんか力が湧くのです。みんな頑張ってるよね、って。これがココロを支えます。
 
 退院した日は暑い日でした。絶対に退院したらソバを食べたいと考えまして、旦那さんと一緒にそばやへ。"生きてるわ"と実感した瞬間。

image001.jpg

でも車に乗るときのシートベルトが痛いのです。当たって・・・。しかも両側だし、どうやっても避けようがない。でクッションをびっちり当てて乗ることにしました。(1か月くらいはやっていたと思います)いきなり骨(ちょっと脂肪)なので今でも前から人が来たり、人混みとかラッシュアワーは嫌です。

おうちにかえって、まず困ったのは(今もですが)下着です。

image002.jpg

 クッション性を保つか、快適性を保つか、楽なことを選ぶか。
写真は北海道キャンサーネットさんのしずくパッド。(今、これを作ってくださっているボランティアさんが不足していることから販売中止中。でも新しい試作品を試させていただいたのですが変わらず問題なかったです。早い復活祈ってます。)
私のキズは脇の下から縦にあるのですが、そうすると普通のカップですと痛く、ワイヤーなんて傷口に当たりまくりでつけられません。(昔の下着は全部捨てました!)これは傷をサポートできるヘリがついているので安心です。ただ、両側なので激しく動くとズレるので、どうしてものときだけ使用。

 普段は、裏に縫い目のない下着にパッド2枚重ねて仕込んでます。寝る時もないと傷に触れるので、下着はつけたまま。これまたやっかいです。

片側の方はバランスが狂うとお悩みですし、両側は両側で悩みが尽きません。

そんな悩みを分かち合えるのが患者会。北海道にもさまざまな団体があります。
放送でも一度ご紹介しましたが、若年性乳がんのみなさんのサポートコミュニティ「ピンクリング」
https://www.facebook.com/pinkring.japan/
2月1日に東京とつないで東札幌病院でイベントを行うそうです。テーマは"患者力"。
患者になってはじめて思ったのですが、選択の連続です。悩みの連続。でも悩みすぎても落ち込んでも心配しすぎてもあまりいいことがない気がしています。賢く選んで上手に乗り越えて、ゆらりと生きていくのが今は大事だなと私は勝手に思ってます。

 そのヒントが多ければ多いほど、選択できるので私もどんどんいろんな会に参加しようと思っています。患者さんだけではなく、家族の方もいろいろ悩まれていると思います。そこにも患者力、必要かもしれません。

 必要としている方に必要な情報が届きますように・・・・・。

この記事を書いたのは

阿久津友紀(47歳になりました。 )

発信から共創へ:ローカルテレビ局の苦悩と挑戦
2020年10月16日(金)20:00~20:50 オンラインで視聴できます!
https://no-maps.jp/program/conference/local_tv

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
(日本民間放送連盟賞 グランプリ候補作)
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
9月秋号 掲載されました!主な配布場所はこちら!
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。
https://in-cross.com/2280/
こちらも是非お読みくださいませ。

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/