sodane

46歳、両側乳がんになりました㉜ ホットフラッシュはコールドフラッシュ

検査・告知・手術・仕事復帰・・・誰かのお役に立てればと綴ります。

 前回、沖縄のわたしたちの仲間、琉球朝日放送のQプラスさんの取材を受けたとお話しました。放送を御覧になったみなさんありがとうございます。ネットにアップされましたので、よろしければ御覧ください。

https://www.qab.co.jp/news/20200710127631.html

 手術からまもなく1年がたとうとしておりまして、去年の今ごろの慌てぶりは相当だった、、と日記を見返しています。仕事どうしよう、治療どうなるんだろう、ホントに焦ってました。いろいろなみなさんに支えていただいたなあと。今も支えていただいて感謝、感謝。

 Qプラスでもお話したのですが、私の目下の悩みはホットフラッシュです。寝ているときが一番感じます。突然暑くなって脱ぎたくなるんですけど、寒くなってふとんが欲しい。日中も起きるのですが、これは脱いだり着たりでなんとかなるし、水も飲めるのであんまり気にならないのですが、寝ているときだけは安眠を妨げられます。毎日じゃないのでいいんですけど・・・。そのうち楽になる日が来るのか、期待したいし、漢方などを処方されている方もいるそうなので、話を聞いてみたいなと思っています。

◆お便りです!

 『6月に両側の乳がんが診断され、仕事の都合もあり8月に手術予定です。0期でPETでも胸膜への浸潤もないから、腫瘍のみの摘出で乳頭は残せないけど温存療法で大丈夫!と言われました。しかし姉も乳がん罹患者で、リンパ節も生理的なものか判断出来ない位ですが腫れがあり。両側のホルモン受容も違う…という状態なのでその温存療法で取ってしまえばそれで終わり!という言葉を鵜呑みにして良いのか?と疑問を感じ始めました。20日に診察があるので、もう一度良く話して来よう、と再認識させられました。考える機会を頂きありがとうございました。これからこの病気とちゃんと向き合わなければいけませんね^_^;あまりにのほほんと冷静に話を聞くので、主治医にも心配されています(笑)』

 メッセージ、ありがとうございます。両側って珍しいと思っていたのですが結構いらっしゃる。見つかりやすくなっている、先生方も両側をちゃんと疑ってくださっている、というのもあるかもしれません。お姉さまもサバイバーさんとのこと。遺伝なども疑っておられると思います。私も今、遺伝子検査の結果待ちですので、このあたりの情報も今後共有できればと思っています。

 ゲノムじゃなくて、がん細胞から見る、遺伝子パネル系検査(オンコタイプとかマンマプリントとか)はまだ自費治療ですが、必要な方はいらっしゃるはずで、それによって抗がん剤を足した方がいいかもしれないし、抗がん剤がなくてもよい方もわかります。(ただグレー、、という方もいるのも現実ですが)そうした生きるための治療選択のための検査を誰もが受けられて、納得して治療できるようになればいいなあと思う次第です。

 様々なところで御覧いただいてつながってきています。ご縁に感謝。

この記事を書いたのは

阿久津友紀(47歳になりました。 )

発信から共創へ:ローカルテレビ局の苦悩と挑戦
2020年10月16日(金)20:00~20:50 オンラインで視聴できます!
https://no-maps.jp/program/conference/local_tv

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
(日本民間放送連盟賞 グランプリ候補作)
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
9月秋号 掲載されました!主な配布場所はこちら!
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。
https://in-cross.com/2280/
こちらも是非お読みくださいませ。

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/