sodane

46歳、両側乳がんになりました㊳ コールドフラッシュとホットフラッシュ

検査・告知・手術・仕事復帰・・・誰かのお役に立てればと綴ります。

 本州は酷暑。道内も暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか?私はコールドフラッシュの方が強く、冷房でより冷え込み、突然ホットフラッシュに襲われるので体温調整が大変です。
仕方ないですね、これで済んでいるようなので。より副作用が強い方はタモを飲み続けられない方もいるので・・・。

で、ここへきて身体の痛み、です。

 SNSでも見つけていただく方が多く、乳がん手術後のお悩みは痛みのコントロールです。
これはどんなタイプの乳がんにも共通です。もちろん、リンパ郭清された方とセンチネルの方では違うとは思いますが、胸そのもの痛みは早いうちは共通ですね。

 一番簡単にいうと岩盤、です。これまで柔らかかった胸が(私は脂肪少な目ですが)突然、手術後、痛みとともに固くなります。これが慣れない。手術で板になって岩盤。自分でなんとか触れるなあと思えたのは2か月後くらいでしょうか。その後も傷が気になります。傷を治すにはテープが必須で、これもその人によって合ううテープ合わないテープ、下着も合うもの合わないものがあります!全部、同期のがん患者さんやサバイバーさんから聞いて選んで乗り切ってきました。今度は私の番ですよ、といろいろやっております。

今回はyoutubeでどこからでも見ることができます!

はこだて国際科学祭の一環で『9人に一人が乳がんに・・・もしもあなたが』と題した
オンラインカフェ、です。8月22日(土)午後1時半からです。

すでに参加者は決まっておりますが、全国で御覧いただくことができます。

youtubeのアドレスは・・・

https://youtu.be/CR_rm6QCk8M

この時間は難しいという方も、
HTBニュースのyoutubeチャンネルにアーカイブされますのでそちらも是非御覧ください。

メンバーは・・・

札幌フィメールクリニック 乳腺外科医 矢嶋彰子先生

ドキュメンタリーを作ることで出会った
若年性乳がんコミュニティ pinkring北海道代表とメンバー
関西のReborn-R代表やカナダで闘病生活を送っている方、手術後すぐに復帰して今も働いている女性、私の同期患者のえりさんに子宮体がんの10年サバイバーの女性、

と、私です。

各々が各々の立場でどんなことで悩んでどう解決してきたのか・・・短い時間ですがお話していきたいと思います。

がんとなったばかりのとき、心を支えることがその後の治療にもいい働きをするといいます。簡単に前など向けるものではない・・・みんなそう言っています。そうなるには何かのきっかけがあると思っています。

必要とする方に届きますように・・・。

オンラインカフェへみなさんのお越しをお待ちしております。

(質問はsodaneのメッセージフォームか
  すでに立ち上がっているyoutubeのチャットでおよせくださいませ!)

この記事を書いたのは

阿久津友紀(47歳になりました。 )

発信から共創へ:ローカルテレビ局の苦悩と挑戦
2020年10月16日(金)20:00~20:50 オンラインで視聴できます!
https://no-maps.jp/program/conference/local_tv

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
(日本民間放送連盟賞 グランプリ候補作)
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
9月秋号 掲載されました!主な配布場所はこちら!
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。
https://in-cross.com/2280/
こちらも是非お読みくださいませ。

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/