sodane

井上勝正師と対決!運命のゴング パンダ・リーの「ととのい道場」⑥

パンダ・リーっす。今回も<道場サウナ>!。ず~っと存在が気になっていた元プロレスラーの井上勝正熱波師の火の鳥ロウリュと、最凶サウナで定評のあるセンチュリオンホテル札幌でいよいよ対決‼生きて帰ってこれるのか?!

井上ちらし.jpg

11219時」運命のゴング!

外観016 (1).jpg

いよいよ試合当日っす。フロントで試合の受付。いつも見ない真っ赤な整理券といつものカードキーを渡されサウナインであります。極彩色の絵が眩しい浴場は熱心なサウナ野郎ばかり。ニコーリフレの最新の黒のサウナハットを誇らしげにかぶったヤングライオンたちの姿も見られます。

名声轟くカリスマ熱波師との対戦を前にみな、表情は笑顔であります。このあと訪れる〝パネッパ空中熱波地獄攻め「火の鳥ロウリュ」の威力に悶絶することも知らずに…。

対してパンダ・リー、入念なストレッチならぬ<冷水ストレッチ>であります。体を清めたあとは水道のサーモスタットをMAX冷たいほうにセットして頭から水浴びさらに水風呂に速攻移動。キンキン15℃以下の冷水にわがままボディをきっちり沈めて「水通し」を異例の3分オーバーで敢行。わがままボディが熱を欲する状態まで追い込みます。

ヘッドには冷凍庫で冷やしておいた保水抜群特殊バンダナを巻き、さらにその上には北海道ホテルオリジナルのサウナモンスターのふっかふかの青いハットをかぶり、頭部への攻撃に備える念の入れようであります。もちろん口には日本サウナ学会のマニュアルにそってタオルマスクを着用。コロナと熱にきっちり備えております。

大浴場016.jpg

胸板でかい!井上勝正熱波師

時刻は19時目前。いよいよ番号2番の整理券をセンチュリオンホテルの「ブンさん」に手渡しリングインであります。

ブンさん、大量のアロマ水が入ったバケットをご準備されたり孤軍奮闘、リングのセッティングにも余念がありません。熱い試合の裏にはブンさんのような熱い情熱を持ったスタッフの存在があることに感謝であります。東京からのご来札、ありがとうございます。

(画像左:井上師、右:センリュリオンサウナイベントご担当ブンさん Twitter「サウナそのもの 井上勝正~至極の熱波道~」から引用)

」ブンさんと井上師.jpg

組手の間合い同様、サウナではどこに陣取るかが勝負を決めるといっても過言ではありません。パンダ・リー、入口そばの一段目に座りました。なんと姑息な陣取りでありましょうか!

おっと、ニコーリフレのサウナハットのヤングライオンたちが入場してまいりました。さあどこに座るのか…。なんと二段目!そこは熱が高いぞ!若いということはなんと尊いことでありましょうか。

さあ、いよいよ<サウナそのもの>「熱波道」を提唱するカリスマ熱波師・井上パネッパ勝正の入場であります。真っ赤なコスチュームに身をまとい、その手にはどでかいラドル(ひしゃく)を携えております。

井上師のファンからは「聖剣エクスカリバー」と呼ばれているそうであります。私には凶器にしか見えません!顔には赤いタオルマスク、頭にも赤いバンダナ。そのいで立ちからもすでに熱い炎が燃えています。

Tシャツの上からでもわかる、胸板がでかい!横浜鶴見の「ファンタジーサウナ&スパ おふろの国」を、アイディアマンの林店長とともにこの10年で超人気のサウナ施設に育てあげた立役者。熱波師としてアニマル浜口氏と対峙し熱波を送ったことがあるそうです。

気合が人間の形をしたあのアニマル浜口氏をして「たくさんのオリンピック選手を見てきたが、お前はすごい!お前は毎日オリンピックをやっている!」とまで言わせしめ、最後は熱波を送りあったという井上勝正!その様相はストロングスタイルというよりもデスマッチ必至なたたずまいであります!

井上勝正.jpg

初体験!パネッパ熱波

井上勝正、巨大なIKIストーブの横で仁王立ちであります。恒例の「前口上」が始まりました。サウナがいかに体にいいのか。サウナ→水風呂を繰り返すと<免疫が正常に保たれる>。サウナの熱が時間を経て体にじわじわじわ~っと効いてくるあの過程のような緩急ある関西弁は、私が尊敬する故・竹村健一先生がプロレスラーになった、そんな調子であります。

そ、それにしても長い‼(笑)長い前口上は、チャレンジャーたちが汗をかき、肌が保湿できるようにするなどそのコンディションを上げるため…という意図もあるそうであります。

対する選手たちはサウナ室にリングインしてからすでに5分以上が経過。全身からはすでに汗が噴き出しております。冷水水通しを入念に行ったパンダ・リーでも、灼熱100℃のサ室にいることをいよいよ体で実感してまいりました。額には汗が流れております…。

リングインから7分経過。井上勝正のラドルがいよいよ高らかにIKIストーブの上に掲げられました。風貌とは裏腹に丁寧なラドルさばきで、ストーンのふちにゆっくりとアロマ水をかけて行きました。ジュジュジュジュジュ…。

きょうはタオルを振る必要もないかもしれんよ…

や、やはりセンチュリオンのストーブは最凶だった!あ、熱い…。普段なら退出するタイミングであります。

「じゃあ、サウナの讃美歌。歌おうか…」

サ、サウナの讃美歌???

ネ~ネ~ネ~ パ~パ~パ~ ネ~ネ~ネ~ パ~パ~パ~♪

ジュジュジュジュジュ…。ジュジュジュジュジュ…。

不穏なトーンの掛け声を発しながら、井上勝正、焼け石に水をどんどんかけていきます!水蒸気でサ室をがっつりじっくり熱くしていく攻撃であります。

出た!必殺技「火の鳥ロウリュ」

「蒸気を上に上にあげて。ほら、ドアのガラスを見て。蒸気で変わってきた…」

 じょ、蒸気を上にあげる??

 「蒸気を上にあげたら、蒸気がおのずと降りてくるですよ。火の鳥が降臨する…」

 お~、熱い蒸気が降ってきた!ムム!これが井上師がいう「火の鳥ロウリュ」か?!

 試しに胸を張り手を上にあげれば…あ、あちっ‼なんじゃこれは??

 「ギョエ~~~っ!」「ウォ~~っ!」「あち~~っ!

歓喜ともとれる悲鳴が選手たちから上がっております。ヤングライオンの中には二段目から逃げるようにフロアに移り、のたうち回る選手も現れました!

やはり二段目はデンジャーゾーンだった‼

呪文のように北斗の拳の話などを語りだした井上。一体何を繰り出そうというのか?!

な、なんと!背中にまでサ室の上からド級の蒸気が降ってくるではありませんか‼

自らは不動明王のように仁王立ち‼

タオルを振ることもなく熱い蒸気で選手たちのバックをとった!

お前は羅王か‼

出た~必殺技の「火の鳥ロウリュ」‼

こ、これはオリジナルホールド‼パンダ・リーも背中をかがめ、圧倒的な熱さと初めての体感になかば痙攣状態で悶絶しています!

井上、手を動かさずに猛攻‼これは異様だ、まさに熱波皇帝!

じゃあ、振ろうか…

井上、分厚く思いタオルを一振りだ~。

ギョエ~~~っ!熱いっ!でも気持ちいい~~~っ!(笑) 

ヤングライオンの一人、耐えかねて花道を往った!

残った選手からは拍手が起こった!熱い二段目、デンジャーゾーンでよく頑張った!

悶絶したところにフィニッシュのパネッパ熱波がさく裂

いままで達することがなかった灼熱の極みに昇りつめた‼

みんな、Made in heavenや‼

井上勝正、タオルマスクの上の目が不気味に笑っているぞ!

「18分37秒、18分37秒 火の鳥ロウリュ・パネッパホールドで勝者、井上勝正!」

ガチサウナー相手のバトルロイヤルを見事完全勝利で制しました‼

つづく

試合後井上師.jpg

北の大地を灼熱の天国にして完全勝利した<皇帝>井上勝正師(Twitter「サウナそのもの 井上勝正~至極の熱波道~」から引用)

☆次回は火の鳥ロウリュ後のととのいはどうたったのか?そして井上勝正師の生の声を報告するっす!♪パ~パ~パ~ ネ~ネ~ネ~ 

1

この記事を書いたのは

パンダ・リー

No Sauna, No Life!
“ととのう”話だけをお話するっす
趣味は極真空手、旅、そしてサウナ
「LOVE HOKKAIDO」等で北海道の魅力を国内外に発信する担当っす