sodane

爽快!屋外サウナで仲間とサ活! パンダ・リー「ととのい道場」⑲

ととのってやすか~。

この夏は時節柄もあり屋外でのキャンプ、釣り、サイクリングなどが大人気だったっすよね。

この冬、自然の中で森林浴、BBQ、そしてサウナを堪能するのはどうでしょう!

冬の気配を感じる中、風の唄を聴きながら森林浴を満喫!「アウトドアサウナ」を体験しやした。

その魅力を早速シェアしたいっす。

「ととのい道場」。今回は『爽快!屋外サウナで仲間とサ活!』の巻ざんす。

パンダ・リーっす。

パンダハット.jpg

【日本サウナ学会】マスクタオルマスク着用でサウナを守り元気にサ活!

https://www.ja-sauna.jp/

※今回のアウトドアサウナ体験ではサウナ内ではタオルマスクを着用しやした。

札幌中心部から30分!一棟貸しの山小屋の宿「Gardens Resort ときわ」

お邪魔したのは一棟貸しのシャレー(Challet)、「Gardens Resort ときわ」

シャレーとは、ホテル用語で「山小屋タイプの宿泊施設」という意味のフランス語らしいっす。

場所は札幌中心部から車でざっくり30分強。

芸術の森にほど近く、看板もない、古民家を改装した一棟貸しの山小屋のような宿っす。

(画像:冬の様子 Gardens Resort ときわ Facebookから)

78621689_546092799561995_8926615815613054976_o (1).jpg

異業種サウナ会のササキ―会長の呼びかけで、これまで夏に数回お邪魔させていただきやした。

広い敷地の中、BBQ、バギー体験、そして小屋のサウナ。

さらには近くにある「川の水風呂」を満喫しやした。

細川オーナー手作り!「小屋サウナ」

今回お世話になったのは大地を彩る枯れ葉のじゅうたんがとても美しい11月半ば過ぎ

異業種サウナ会のメンバーと一緒にお世話になりやした。。

まずは「小屋サウナ」をご紹介しやす!

DSC_0837.jpg

どうすかっ!

フィンランドは行ったことないっすが、木々が立ち並ぶ中でととのえば、気分はフィンランドっす!(笑)

正面からは、こんな感じっ!

(画像:©Gardens Resort ときわ)

129292952_140073854235094_7438292252665705553_n.jpg

小屋サウナの中っすが、まさに山小屋らしい素朴な薪ストーブがあって。

上と煙突まわりには石が敷き詰められて、セルフロウリュし放題っす。

そして皆さん!な、なんとこの小屋づくりはこのように「細川オーナー」らによる完全手作り

熱い、熱すぎる(サウナだけに)!!

128798865_199903938414329_8727374239535234929_n.jpg

128396938_2687593488188473_3715544470318458784_n (1).jpg

さて小屋サウナの中はというと…

126911765_209475520554958_7135905151482408494_n.jpg

こんな感じっ!

ってがっつりロウリュやったんでくもりすぎててようわからんっすね(笑)

薪ストーブをL字に囲み5人程度が余裕で楽しめる広さ。

パンダ・リーが座っているのはこの度新設された「二段目」!

ベンチよりも40センチぐらい高く熱さはひときわざんした。

おもしろいのは、体感温度

70℃ぐらいから85℃ぐらいまでストーブのコンディションで大きく変わりやす。

そのさじ加減を自分たちで調整して火を守る…。

この野趣あふれる作業、普段なら面倒かもしれない手間こそ、アウトドアサウナの醍醐味、極みっす!

ゆったり過ごすこと17、8分から20分

仲間と語らいながら蒸されるにはちょうどいい熱さざんす。

巨大なプールの水風呂!なんとグルシン!

そしてガチサウナーの貴方と貴女なら気になるのが水風呂っすよね?

今回は雨の翌日だったんで川はちょっち濁っていたので回避。

なぜならば・・・

巨大なプールの水風呂が用意されているのでありやす!

DSC_0806.jpg

どうすか!

泳げるなんてもんじゃないっすよ。

しかもキンキン

きゃ~っ冷てぇ~~。悪魔的だ~~っ。

水温計で測ったっす。

な、なんと・・・グルシン

9℃ざんす‼

きえ~~~~っ!

これからはもっと冷えやすね~。

水はもちろん貴重な湧き水

塩素は保全ために最低限使っているそうっすがほぼほぼそれと感じない優しい水質っす。

プールがデカすぎて、容量一杯水で満たすには1週間弱かかるんだそうっす(笑)

125556980_197010115264360_7218034353683762777_n.jpg

(画像:この日体験取材に挑んだ道新榎本記者。「すごく冷たくて、でもその後の外気浴を引き立てるにはとても良かったです!ほんとはもっとのんびりしたかったです!(笑)」記事は12月3日朝刊経済面にバシッと掲載されやした)

さらに!新設「テントサウナ」

さらに夏にはなかったテントサウナ

DIYの鬼・細川オーナーが、設営からセッティングまでを行うテントサウナが登場したっす。

DSC_0833.jpg

夏に、サウナ仲間で「面白いことしかやりません」が信条のクリエイティブ集団・トリプルワンの伊藤社長がロシア製のテントサウナのMORZU(モルジュ)を持ち込みやした。その体感温度が滅茶苦茶熱くて皆悶絶したざんす!(伊藤社長にはテントサウナの魅力を近日伺う予定っす。こうご期待!)

TRIPLEONE HP https://www.tripleone.cc/

果たしてその熱さに触発されたのか??

当時「こんなに熱いテントサウナは初めてっすね…」と話していらっしゃいやした細川オーナー。

この度ワカサギ釣り用のテントをサウナ仕様に改造!

見事に熱いっテントサウナに仕上げられやした。

中は・・・

126904948_294296715180539_4076325104973915716_n.jpg

こんな感じっす!

薪ストーブを囲んで5、6人はゆったり蒸されることができやす。

体感温度は85℃か!

火がガンガン燃えてるときにはロウリュすると95℃ぐらいなアチアチ

10分で蒸されつくされやした。

ササキ―会長 「フィンランドのサウナの感覚と同じ」

今回も主催いただいた、アウトドアサウナにすっかり魅せられている異業種サウナ会のササキー会長

その魅力は何っすか?

「仕事で体験したフィンランドの薪サウナが好きで。

火の香り。一番は川遊びをするとか。

今はやっているソロキャンプのような。

129591207_432493621080996_7867427415110173362_n (1).jpg

(画像:©Gardens Resort ときわ)

焚火パキッという音とか。

ここの薪サウナは同じ印象。

見てるだけで落ち着きますよね。

もうフィンランドのサウナの感覚と同じです。

日本のサウナはスクール形式。
ヒーターに対して人は同じ方向に向く。

フィンランドではサウナストーブを鍋を囲むように座る

ホストがロウリュして。

熱いっ!」とか反応したら

ふっ…」と笑って、みたいな(笑)

焚火と似ていて好きっすね~。

フィンランドのサウナは高温じゃない

暖を囲んでいろんな話をして。

ときわのアウトドアサウナはそれに近いんですよね。

20200530_104648.jpg

あとは自然の中で風を感じて。

広い空を見ると3倍ととのうというか(笑)

人間ってを見て。

煙と香り

落ち着くんでしょうね…」

129014428_786427545239755_6478628039962422454_n.jpg

オフロスキー 「仲間と非日常を楽しむサウナ」

温泉ソムリエでVIP送迎のハイヤー事業を営むH社長あらためオフロスキー兄。

この数か月の短期間ですっかりガチサウナーになったっす。

初めてのテントサウナはどうざんす?

テントサウナ初体験ということでとても楽しみにしていました。

目的地のときわはまさに秘密基地、隠れ家、といた表現がぴったりで看板などは一切なし。

知ってる人と一緒じゃなければたどり着くことは難しいのではないかと思いました。

到着して施設内を見渡してみるとまさに大人の隠れ家

札幌市とは思えない海外に来たかのような解放感溢れる大自然の中にたたずむ2棟の建物と小屋サウナ

そしてテントサウナ

マイナスイオンを全身に浴びることができる湧き水を使った池。

そして大き目のビニールプール?の水風呂

(画像:夜の水風呂 ©Gardens Resort ときわ)

129076554_394809301571899_4557402014050995470_n.jpg

そんなこんなで始まったテントサウナデビュー戦、ガッツリ楽しんで帰ろうと意気込んできましたがまずはセッティングから、ときわのオーナーが自ら準備してくれて薪を焚いてくれました。

テントサウナの煙突からはもくもくと白い煙が吐き出されわくわく感を演出してくれました。

そのうち煙突からは煙が炎に変わり、しばらくしてオーナーからお声がけいただきまずは1セット目

最初は思ったよりぬるめだなと感じましたが、テントサウナの神髄はロウリュからうみだされる蒸気にあるのだと気づかされるまでに時間はかかりませんでした。サウナストーンだけではなく、ストーブや煙突にも全てに水をかけてモワモワとした熱気を楽しめました。

辛くなったらテントの小窓から顔だけ出すとあら不思議、更に5分10分と長居できる仕様になっていました。サウナの温度自体は通常のサウナよりも低いのでいつもより長時間、仲間とおしゃべりを楽しみながら非日常を楽しむことが出来ます。

DSC_0810.jpg

そんなこんなで次は水風呂

札幌の地下水(湧き水)をくみ上げたまさにこちらも飲める水風呂ということで水温は何と驚きのシングル

大きいプールに水をためるにはちょっと水量が足りないようで1週間かけて溜めたプールにそのままダイブ!

正直凍え死ぬかと思いました。

踏み台をふざけてよけられたらマジで死ぬなと思いながらものの30秒程度でギブアップ

次は小屋サウナ

こちらはいつも利用するようなサウナをコンパクトにしたような造りで普通に暑い

何度もロウリュしているとびっくりするくらいアツい熱波が飛んできて鳥肌が立ってしまいました。

鳥肌って寒いときだけでなくあまりにアツいときも経つものなのかと勉強になりました。

そんなこんなで初めてのアウトドアサウナを満喫させていただきました!最高!」

128998158_231883831610888_6963620265149253284_n.jpg

細川オーナー 「サウナーの方にこそ来てほしい!」

小屋サウナ&テントサウナのアウトドアサウナ、どうでしょう!

最後にGardens Resort ときわの魅力を細川オーナーに伺いやした。

フィンランドやアイスランドで現地の人と体験したアウトドアサウナ

そこで、体験したことがない"ととのい"ネガティブなイメージのある"寒さ"を楽しむ

というポジティブな姿勢に共感しました。

北海道というエリアは北欧圏の環境にそっくりで、どうしても地元で同じことをやりたいと思いました。

見様見真似でサウナ小屋を自作したところ最初は温度が上がらずただの暖い部屋に。

その後研究と改良を重ねながら、かなりの高温まで持っていけるようになり、サウナとして使えるようになりました。

まだまだ改良中で気密性の低いサウナですが、その分薪ストーブをガンガン焚くので遠赤外線の量がすごく、水をたくさん使ってのロウリュウはサウナが苦手な女性でも、目醒めるほど気持ちがいいですよ。

また、GardensResortは湧き水あふれる素晴らしい環境ですので、7.5mの水風呂プール全て湧き水で泳いでもOK!

横を流れている川や滝を水風呂に

冬は雪にダイブ

休憩は焚き火を見ながらととのえ椅子ハンモックでくつろぎ、風を浴びるブランコやジップラインも最高です。

DSC_0838.jpg

これ以上ないぐらいアウトドアサウナに適した環境ですので是非、非日常なサウナライフを体験しに来てくださいね!」

128701093_2915570698723118_825758588607946187_n.jpg

128587836_732861037331210_7412149940926845770_n.jpg

129390611_737294593812322_4882691280534989495_n.jpg

(画像:©Gardens Resort ときわ)

『Gardens Resort ときわ』詳しくはこちらの公式インスタグラムで~

https://www.instagram.com/gardensresort.tokiwa/?r=nametag&fbclid=IwAR1ESDhJxfUnhmvOEMB8Yb4eHp0gcG-vE9H5KAXCzwcwx-hwNAhVbwyHU1o

1

この記事を書いたのは

パンダ・リー(サウナ野郎っす)

No Sauna, No Life!
“ととのう”話だけをお話するっす。
趣味は極真空手、旅、そしてサウナ。

「副業」はHTB帯広ブランチ・釧路ブランチの代表。21年5月から“サ国”とかちの首都「帯広」に移住。十勝・根釧を中心に北海道の魅力を国内外への情報発信を。“営業”としてCM、番組企画、そしてSODANEでお手伝いしてるざんす。お声がけ、お待ちしとります~。

サウナ情報&ご感想はTwitterで「パンダ・リー」まで!
https://twitter.com/matsu08130896