sodane

住みたいっす!神戸サウナ&スパ サウナ野郎 パンダ・リー㉜「ととのい道場」

すんごいサウナ「神戸サウナ&スパ」の後編っす。


4つのサウナとキンキン露天の水風呂11.7℃人のぬくもりが随所に感じられるとても快適でどでかいサウナっす。もはや、暮らしたいっ!(笑)


サウナ愛とキャラの立ち方がハンパないツムツム先輩こと「津村支配人」のお話しも最後に!「ととのい道場」、パンダ・リーっす。

朝ウナで再訪!「神戸サウナ&スパ」

朝ウナの受付は朝5時。夜サ活のおかげでパキツと目が覚め。神戸サウナまで徒歩5分のホテルを出たっす。ん~、まだ外は真っ暗ざんす(笑)

asagaikanDSC_1148.jpg

トントゥに挨拶してサウナインざんす。

ほとばしる「こだわり」!

バスfloor_pic_02.jpg

(画像:HPから引用)

奇跡のサウナ専門TV・BS朝日『サウナを愛でたい』でもご紹介されていて気になっていたっす。大浴場入口にあるこちらっ!

20924.jpg

20923.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

入るときも出るときも足元はきっちり綺麗な状態でいていただきたい…。そんなきめ細やかなおもてなしの思いを込めたものなんですと。こんなの初めて見るざんす!

そしてこの館内着

20933.jpg

20931.jpg

チェック柄っていうんすか?色を選べるBDシャツのような館内着~。いいっすね~。

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

リニューアル時に掘削成功!「神乃湯温泉」

大浴場にどど~んと構える「ハンガリアンバス」。

70506565_2692369437453559_448351249482383360_o.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

お湯は温泉ざんす。震災で施設がダメになり。リニューアルされる際に掘り当てたんだそうっす。神戸サウナ&スパがある神戸市中央区一帯はもともと神社の領地だったのでこれは神様の恵みの温泉だ、ということで「神乃湯温泉」と命名されたと。あ、ありがたいっ~。露天スペース右のお湯も温泉っす。

ここはイスタンブールか!「ハマーム」


メインサウナでは早朝でもやっていただける力強くかつ淡々と粛々とロウリュ&アウフグースで蒸され蒸されて。からの、キンキンかつ滑らか~な体感の11.7℃露天の水風呂で冷やされ。仕上げはウッディなリクライニングで外気浴…。1セット目から早くもととのい感に包まれやしたよ。

20936.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

そしていざ気になっていた「ハマーム」へ。イスラム文化圏にある「蒸し風呂」っす。

hamamu7f-09.jpg

(画像:HPから引用)

温度は43℃。湿度は90%真ん中の岩盤は温かく。寝ているとじわじわじわ~んとわがままボディに直にその熱が伝わってきやす。廻りの泉からはお湯が~。スチームサウナの中で岩盤浴…。そんな感じで気持ちいいっす。15分、いや20分いたっすかね~。がっつり発汗!

イスタンブールで体験したハマムと一緒の雰囲気でありやした。ちなみに入口そばには短パンも常備されていやす。回教徒の方も安心して入ってね、という配慮かもしれやせん。

汗カットして露天の水風呂。ん?ちょっと冷えてきたざんす。神戸といえども早朝の外気はグルシン5℃以下。休憩は露天温泉で足湯しながら…ととのったっす。

20926.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ。こちらは正月限定「日本酒風呂」‼)

このハマーム。あまりにいいんで、2セット重ねやした(笑)

贅沢!「塩サウナ」

そして「塩サウナ」へ。え~?足元見ればあたり一面に塩が敷き詰められてるじゃないっすか‼ぜ、贅沢~~~っ!雪原みたいざんす。

塩7f-08.jpg

(画像:HPから引用)

温度は70℃。あ、スチームじゃなくてドライサウナっす!これも珍しいかも。ジャスマックの露天サウナ(今は塩はnothing)以来っすかねぇ。「塩の雪原」眺めながら10分強。塩サウナも味わい深いっ!ちなみにリニューアルされたばかりっす。

78189544_2871402046216963_6528474453129560064_o.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

そんなこんなで、気がつけばフィンランド式サウナも味わいあっという間に2時間6セット!最高のサウナ、ごちそうさまでしたっ!

「津村支配人」


朝定食(バランス取れてたっす。写真撮れてなかったっす)を食事処でいただきやして。
お客さんに丁寧にあいさつされているブレザー姿の男性。「津村支配人」だったっす。

tsumuraDSC_1199.jpg

『サ道』のレジェンドプロサウナー・タナカカツキ先生には「ツムツム」と呼ばれているそうっす(笑)。お話し伺いやした~。喋りが噺家級で接客はホテルマンっ!3年前に「ホテルオークラ」からヘッドハンティングされたそうっす。なるほどどうりで~。にしても、喋りがうますぎっ!

Qメインサウナのヒーター、でかいっすね?

「お部屋も広うございますし、温度が下がるのを防ぐために大きなヒーターをご用意しようと。2基入れて、温度をだいたい110℃に保ってます。
発汗を促して。30分に一度アウフグースもできるように。本場のフィンランドにも視察にいって。本来の文化として継承したいと思って作っておる次第です」

メインサウナの動画っす。

ヒーター廻りの雰囲気のあるレンガは「旧神戸居留地」で使われていた英国のレンガらしいっす~

https://www.facebook.com/620071318016725/videos/176097680332237


Q早朝からロウリュ、ありがたいっす!

「一応今は24時間の中で30分刻みでやっております。夜も今は24時間。
だいたい朝二人昼から三名深夜二人で30分おきに交代交代。

夏場のほうが大変ですね。外もサウナ状態なんで休憩も取れない感じで(笑)。
昔からの伝統で。サウナのごちそうは「熱波」そのあとの水風呂がごちそう

命を懸けて頑張っています

昔は(一日)67回やっていたんですが今は30分置き。来年からはさすがに深夜のロウリュはちょっとお客さんも少ないんで考えているところです」


Q水風呂、冷たいのにやさしいっす

「これは“布引の水”で、井戸水を使っておりまして。水がまろやかです。
布引山六甲山系があるんですけれども。もともとここは生田神社という聖域
そこから井戸を掘ったら温泉も出てきたという。井戸水を使っているんです。

震災で建物が被害を受けたときに。新たにつくるということで温泉を掘ろうと。そうしたらあったかいものが出てきたと。生田神社からお名前もいただいて。神様からいただいたということで「神乃湯温泉」と。大きなハンガリアンバスもそう。

露天もなんせ外が見えますんで。満点の夜など非常に気持ちがいいですよ」

IMG_20210102_185735.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

11.7℃露天の水風呂の動画っす

https://www.facebook.com/620071318016725/videos/1173710456303266

Q水風呂キンキンっすね!


「水温は施設のほうで管理しておりまして。11.7℃。苦手な方には23℃の水風呂もご用意しております。チラーポンプで。かけ流し。お湯も毎日入れ替えておりまして。清掃も一番力をいれております

23℃117619477_3523186811038480_657523000906658312_o.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

Qスタッフの方、動きがハンパないっす。

安全管理も一番大事。ヒートショックで倒れる方もいますし。お風呂の中でうとうと~とするとおぼれてしまうこともございます。声をだすことによってお客様も「はっ」と気づいて目が覚めることもございますので危険防止にも役立つと考えておるんです」

Qハマム、珍しいっすね!

トルコ式のハマムということで。女性は岩盤浴。ゆっくり楽しんでいただくと。

4つのサウナをお楽しみいただこうと。湿度は90%、温度は43~45度温度をしっかり管理。いつきても同じ温度と湿度を楽しんでもらおうということで。熱い100何度は苦手だという方もここで慣れていただいて。フィンランドサウナも少し低めで。それでも100℃

メインサウナが110℃

108℃になることもありますが人間の煩悩と同じでいいかなと(笑)

水風呂の11.7℃も阪神淡路大震災があった1月17日につながるかなと。語呂合わせですけれども。(ハマムは)床からあっためて。全部お湯がでておりますよね。お湯で温めています」


Q北海道のガチサウナーへ一言お願いしやっす

「一度サフロに行かせていただいて。非常に場所が変わってて、雰囲気もかわっていて。勉強させていただいきました

神戸サウナは今65周年。いろいろ勉強させていただいて。少しでも毎回違う楽しみがあるようにしていければなと。

北海道。夜景も美味しいものが有名ですが。神戸も港町としておいしい神戸ビーフもありますし。もありますし。六甲山系の山々とか。水も自然が豊富な水もたくさんありますしね。

神戸サウナでゆっくりしていただいて。ほんとにフィンランドをテーマにしておりますので。日本にあるフィンランドという形で楽しんでいただければと思います」

IMG_20210104_115241.jpg

(画像提供:神戸サウナ&スパ)

エレガント渡会師も絶賛!「神戸サウナに追いつこうとロウリュをやってきた」

神戸サウナ&スパ、どうでしょう!

ガッツリサウナトークのときにニコーリフレのエレガント渡会師が仰ってました。

ニコーリフレでロウリュを始めたときに、神戸サウナ&スパを視察されて。

「神戸サウナ&スパのロウリュ&アウフグースに追いつこう」

という熱い思いで頑張ってきたそうざんす‼

たしかに参加者各人に2回やっていただけるあの熱波の進め方は似ていらっしゃるかも~。TVを消しての厳かな前口上と(神戸サウナはTVは消さずに粛々と淡々と行われるっす)、ショーマンシップ、そして「1.2.サウナ―!」のコールは気合満点圧倒的な「ロウリュ」はニコーリフレでにしか味わえないオリジナルでありやすがっ!「源流」は神戸サウナ&スパだというのはいやぁ、やっぱりサ旅するといろいろサウナの発見、ありやすね~。

神戸サウナ&スパにはサ旅の思い出に、グッズもいろいろあったっす。ハットは売り切れ(泣)。上質なタオル。名物のカレー、なんまら旨かったす~。「食べるサウナ」言い得て妙っす!

タオルDSC_1217.jpg

カレーDSC_1200.jpg

超絶ととのったっ~~~~(笑)

paneruDSC_1206.jpg

神戸サ旅篇、つづく~

1

この記事を書いたのは

パンダ・リー(サウナ野郎っす)

No Sauna, No Life!
“ととのう”話だけをお話するっす
趣味は極真空手、旅、そしてサウナ
「LOVE HOKKAIDO」等で北海道の魅力を国内外に発信する担当っす

サウナ情報&ご感想はTwitterで「パンダ・リー」まで!
https://twitter.com/matsu08130896