sodane

『ひとりじゃない』が支え・・・ひなまつりなので『ピンクリボン』に思い寄せて 46歳、両側乳がんになりました74

検査・告知・手術・仕事復帰・・・誰かのお役に立てればと綴ります。

 いつもお読みいただきありがとうございます。ひなまつり、、ですね。桃の節句・・ピンク!そう、胸に関心をもっていただく日になればなと思っております。今回はとても多くの方に御覧いただいていたカナダのみきさんとのお話のこぼれ話などを・・・。

カナダと日本の違い

 みきさんはカナダのオンタリオ州にお住まい。昨年手術されました。同時再建されたのですが、感染症 (Infection)になってしまい、結果インプラントをとるなどあわせて3回の手術を経験したそうです。この手術って何?というご質問も頂戴したので、詳しくお話します。以前のみきさんの記事はこちら→

https://sodane.hokkaido.jp/column/202102201100000662.html

 インプラントを入れた周辺で感染症が起こり、その感染症が原因で死んでしまった細胞を取って、さらにその原因であるバクテリアを綺麗に洗浄をする手術です。日本だと、退院まで多くの方が少なくても5日間は入院されることが多いのであまり起きることではないそうです。

miki.PNG

 カナダの医療費はほぼ無料ですので、病院に入院できる期間が日本より極端に短い、です。これも要因なのではないかと思います。

 ご本人はあまり自覚はなかったようですが、
手術後の経過観察のためのお医者様の問診で、感染症が発覚。その場で緊急入院、コロナウイルステストも受診、翌日に手術&退院。
 この時はまだインプラントは胸にあったままで、入院した日は、結局朝から夜中まで手術の日程が決まらず空腹との戦いだったそうです。翌日すぐ退院するのも日本よりは早いです。

 15日くらいたった後も、感染症が良くなっていなかったため、その場でインプラントを除去されることに。この日から毎日、ヘルスケアクリニックにガーゼを取り換えに行くように指示されて、再度の手術が確定したそうです。ぽっかり、空いた状態で毎日生活するのは大変だったそうです。(たぶん日本なら入院)

さらに、その後、15日ほどたってから、またコロナウイルステスト受けて再手術して現在にいたっているそうです。

 その間に、オンコタイプ DX 遺伝子検査の結果で抗がん剤の上乗せ効果がないことからホルモン療法開始(タモキシフェン)し、現在も服薬中、ということでした。(エストロゲン陽性タイプ)

 みきさん:『良い点はヘルスケアクリニックと遺伝子検査が以前お話した保険でカバーされている事です。そのため一切自己負担がないのは非常に助かっています。』

 『ただ、ヘルスケアクリニックについては、ドクターが家またはクリニックでアフターケアが必要な患者をクリニックに送るといった形で、クリニックから直接電話が来て予約を取る流れです。場所は基本的に自分では選べず、現住所に近いところを紹介されるのですが、私の場合、車で行けて広いところを要求したところ良い場所を紹介してもらえました。』

 そういう、交渉も必要・・・。

みきさん:『遺伝子検査については、最初の手術が終わった後に外科医が依頼をしていたらしく、結果をもらいました。金額は日本だと40〜50万、カナダでも$1,000と言われていますが、こちらの費用も保険でカバーされています。一方でデメリットですが、まずコロナウイルスがあるため、いつもなら必要のないテストを手術前に受けないといけない点。今回の受診のために3時間外で並んで、結果風邪引きました。』

 『待つといえば、カナダの医療の最大のデメリットは待ち時間の長さです。予約があるにも関わらず平気で1時間くらい待たされます。カナダあるある事情です。私はまだましですが、ファミリードクター制度なので、緊急度の低い患者の場合は、専門医に会うのも数ヶ月〜1年待ちと聞きます。また基本的に専門医は選べません。この点がカナダの医療制度の課題なんではと思います。』

 私が前回のお話で印象に残っていたのはみきさんに対して、看護師さんが手術の内容やスケジュールをどどーっと説明された際、時間が欲しい、とすべて止めてもらったら、ソーシャルワーカーさんが助けてくれることになったというお話。このソーシャルワーカーさん、24時間相談に乗ってくれたり、相談内容のプライバシーもしっかり守られているそうです。ここまででも十分きちんとサポートされているなと思うのですが、最初のナースさんからメールも届いていたそうです。
 『急ぎ過ぎたね』と。
 そして、今の苦しい気持ちや受け入れられない問題を話した方がいいなどのアドバイスと正しい医療情報がかかれたサイトを紹介してくれるなど一歩踏み込んでいるな、という印象。

 これがひとりじゃない、という助けと、初期の落ち込みを少なくする支えになるのではないかと思い、非常にいいなと感じたしだい。

 最後に・・・みきさんから最近のCanadian cancer societyのInstagram の投稿記事に共感したのでお送りします、と写真が送られてきました。

 そこには手のひらに載った、ピンクのリボン。そして添えられた文章には(要約)”がんになったからといって、人を愛することも、成長することも何かを望むこともやめられない。病気よりもその後の人生の方が大事。それは抗がん剤よりも、恐怖よりも。あなたはひとりじゃない、思い出も作ることができる。人生はがんになっても諦める必要はない。”

みきさん『病気なっても、過去は変わらず、変えられるのは未来のみということ。生きている以上は1日1日を大切に、周りの人達に気持ちを伝えて前向き過ごせたら良いと思います。』

 がんばれないことも多いけど、何かまた始めないといけないな・・・。

HTBonライン劇場 ピンクリボントーク 患者・家族・社会 ~生きてくのに必要なコト~
2021年3月14日(日)午後2時スタート

https://www.htb.co.jp/event/online_theater/

 視聴は無料ですが、患者さんの声を集めて”温泉”用ロングタオルを作りました。3日から発売開始!是非お手元に。

 当日の配信の中でご紹介するみなさんからの”声”も募集しています。オリジナルサイトの下の方にメッセージフォームあります。是非お待ちしております。

HTBのキャラクター・onちゃんとokちゃんをあしらった『ピンクリボンタオル』を販売中。

手術後、胸に傷ができることから、温泉に入ることもあきらめる乳がん患者さんが多くいます。そこで自然に胸を覆うことができる、ロングサイズにしました。水も絞りやすく、でも透けない、とこだわった日本製です。デザインは乳がん啓発のイメージでもある、ピンクリボンのPの中にokちゃん、ハートの中にいるonちゃんがリボンでつながっています。人と人が支えあう世の中であってほしい、との思いを込めました。
なお、このタオルの収益は乳がん患者団体の活動に寄付させていただきます。

ピンクリボンタオル 660円(税・送料込)
※複数の購入の場合はまとめてお送りします。

※お支払い時は「HTB onライン劇場」内特設ページに遷移します

1

この記事を書いたのは

阿久津友紀

7月8日(木)午後7時からは
YouTubeLIVE ”がん患者さんとココロ”ということでこのコロナ禍でご本人もご家族も気持ちがはれない日々と思います。どう上手にマネージメントするか、北海道の斗南病院の精神科長で登録精神腫瘍医の上村先生に伺います。
HTB北海道ニュース公式YouTube または
https://youtu.be/D-j4RrGSgkw

是非御覧ください。


テレメンタリー2020
『おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~』年間最優秀賞 

ギャラクシー賞・選奨(報道活動部門)

ピンクリボントーク 患者と家族と社会 ~生きてくのに必要なコト~
アーカイブ配信:無料
https://youtu.be/PS4eJMy4GcY


これまでの動画は・・・
【乳がん】おっぱい2つとってみた

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。

伝えたい、乳がんのはなし。
えりさんのはなし。
ひろえさんのおはなし。
Yさんのおはなし。
こちらも是非お読みくださいませ。

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
【2020年ギャラクシー賞 奨励賞】
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op
テレメンタリー2020スペシャル ”新しい日常と生きていく”で全国放送
abemaTVで御覧になれます

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/