sodane

震災から10年 避難時に”ほっと一息つける”役立ちアイテムとは?

まもなく東日本大震災から10年です。

まだ?もう?

日頃の備えを点検する「節目」であることに変わりはありません。

防災アドバイザーの方を取材した際に

日頃の備えの注意点を色々教えもらいました。

以下は、特に印象に残っている項目です。

①防災用品が入っている納戸の扉は開くか?

折り戸の納戸は、中で物が散乱した時に開かなくなる恐れがあります。

物の入れ方、入れる容器の選定、上段の落下防止措置

いざというときに扉が開かないと大変です。

②普段使いのお菓子を常備

異常事態が続く避難時、

いつもの心を安らげてくれるアイテムがとても重要になります。

その一つがお菓子。

我が家も普段食べているものを、しっかりストックしています。

10年前の2011年。

この年は東日本大震災だけでなく、9月には紀伊半島を豪雨が襲いました。

災害は、時を選ばず今後も「いつか必ず」やってきます。

HTBの今年の3.11は

番組だけでなくyoutubeとも連動し「減災」を伝え続けます。

東日本大震災から10年 ~今、私たちにできること~ 生配信スペシャル

あさって水曜日 午後2時から午後4時まで。

「減災・防災」について、一緒にもう一度考えてみませんか?

1

この記事を書いたのは

HTBアナウンサーズ

HTBのアナウンサーが不定期につぶやきます!