sodane

人事に裏リスト・・何がジェンダー平等? 会社に言えない! がん患者も生きづらい 46歳、両側乳がんになりました76

検査・告知・手術・仕事復帰・・・誰かのお役に立てればと綴ります。

 いつもお読みいただきありがとうございます。週末14日は午後2時から無料のオンラインイベントです!

https://www.htb.co.jp/event/online_theater/program/20210216070107/ 

今回のテーマは『乳がん×社会』

テーマとしたのはこのメールがきっかけでした。

『会社に言えない』

 『日々テレワークということもあり、会社には伝えていません。というより「言えません」という感じです。私の会社は希望退職を募集しており、ここ2-3年の人事考課が低い順に裏でリストが作成され、部署単位でターゲットが100人規模になっていました。そのリストの中には育休や病欠を取って評価がない、復職明けで評価が一番下からスタートしている女性を何人も見ました。
 それを知ってガンになっても会社は休めないし、絶対に言えないと思えてきました。
 今、世間では森さんの件でダイバーシティーだのジェンダーだのと言われていますが、子供を産んで休んだことで会社を退職に追い込まれる、病気で退職に追い込まれる、そんな社会ではダイバーシティーやジェンダーだのは程遠いなと。ガンになったから言っているのではなく、生きていくことに気を使う社会ではいけないと思い、思わずメッセージを書きました。』

 仕事とがんの問題。ずっと考えてきました。私も2か月会社には言えませんでした。どうしたらいいのかわかりませんでした。私自身は整えて、状況を判断して、どこまで仕事をするかも決めてから伝えました。

 そんな中で”隠して働く”、”びっくりして辞める”という方が多くいます。これは考えねばならない。

 日曜日には、ワークライフバランス・コンサルタントの資格を持つ森アナと30代で乳がんにり患した患者さんと『働きやすさ』『生きやすさ』を考えます。

そして、こんなお便りも・・・この問題も考えたい!

『はじめまして。東海地方在住の51歳の短期パート主婦です。先月両側乳がんが発覚し、ネットで検索をしていてSODANEに巡り会えました。
 私も両側全摘になります。初期でシコリも小さく、温存できると勝手に思い込んでいたので、医師から全摘と言われたときは、ショックで声も出ませんでした。

 そろそろ再建するか、しないか、色々決断しなくてはならないのですが、シリコンを入れるのも、自家再建もこわい、再建なしにする決断力もない。でも、少しずつ再建なしで決断したいと気持ちが傾いています。
 阿久津さんは、再建をお考えとの事、やはり再建なしでは生きづらいと感じる事が多いのでしょうか?』

 ここでも生きづらい・・・。私は正直、現状は質問者さんと同じで(期間が空きすぎてしまったこともあり)悩んでます。

 今は、胸のパッドを2枚重ねで対応して不便はありません。落ち着いたら、と思いますが、ここから一度、エキスパンダー(拡張器)で広げる手術とインプラントに入れ替える手術、2回休んでいいのかなあと思っています。ここでも仕事を考えてしまいます。制度はあるので休めるとは思いますが、それが今の人生の中で正解なのかどうかが、今の私には判断がつかない、というか・・・。

 両側の場合は、全摘が標準的な考え方なので驚かれたかもしれません。胸を失うことと胸のふくらみを再び得ることで自分がどう感じるのか、はたまたどう今後したいか・・・。禅問答のようで、誰一人同じ答えは出ないと思うのですが・・・。メリット・デメリット合わせて、先生などともご相談された方がいいと思います。

 迷っている私の相談に乗ってくださる、という乳房再建をされている形成外科の先生にもお話を今後伺う予定ですので、お話は共有したいです。またお知らせします。

 再建については、再建の経験者の方が登壇されますので、再建、妊孕性などについてもお話を伺おうと思っています。是非、14日午後2時、YouTubeでお会いしましょう!

https://www.htb.co.jp/event/online_theater/program/20210216070107/

HTBのキャラクター・onちゃんとokちゃんをあしらった『ピンクリボンタオル』を販売中。

手術後、胸に傷ができることから、温泉に入ることもあきらめる乳がん患者さんが多くいます。そこで自然に胸を覆うことができる、ロングサイズにしました。水も絞りやすく、でも透けない、とこだわった日本製です。デザインは乳がん啓発のイメージでもある、ピンクリボンのPの中にokちゃん、ハートの中にいるonちゃんがリボンでつながっています。人と人が支えあう世の中であってほしい、との思いを込めました。
なお、このタオルの収益は乳がん患者団体の活動に寄付させていただきます。

ピンクリボンタオル 660円(税・送料込)
※複数の購入の場合はまとめてお送りします。

※お支払い時は「HTB onライン劇場」内特設ページに遷移します

1

この記事を書いたのは

阿久津友紀

7月8日(木)午後7時からは
YouTubeLIVE ”がん患者さんとココロ”ということでこのコロナ禍でご本人もご家族も気持ちがはれない日々と思います。どう上手にマネージメントするか、北海道の斗南病院の精神科長で登録精神腫瘍医の上村先生に伺います。
HTB北海道ニュース公式YouTube または
https://youtu.be/D-j4RrGSgkw

是非御覧ください。


テレメンタリー2020
『おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~』年間最優秀賞 

ギャラクシー賞・選奨(報道活動部門)

ピンクリボントーク 患者と家族と社会 ~生きてくのに必要なコト~
アーカイブ配信:無料
https://youtu.be/PS4eJMy4GcY


これまでの動画は・・・
【乳がん】おっぱい2つとってみた

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。

伝えたい、乳がんのはなし。
えりさんのはなし。
ひろえさんのおはなし。
Yさんのおはなし。
こちらも是非お読みくださいませ。

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
【2020年ギャラクシー賞 奨励賞】
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op
テレメンタリー2020スペシャル ”新しい日常と生きていく”で全国放送
abemaTVで御覧になれます

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/