sodane

「増える10代の自殺をとめたい」森アナの思うコト

コロナで増える10代の自殺

これから入学や進学のシーズン。
子どもたちが新しい環境を迎えるこのタイミングで
考えておきたいことがあります。

「コロナ禍のいま、10代の自殺が増えている」ことについてです。
これはとてもショックなことです。
何とかしたいという思いに駆られます。

001.jpg

去年、自殺で亡くなった方は21081人。
そのうち、中学生・高校生は、前の年と比べ25%増加の485人。
これはデータを取り始めた1980年以降で最も多い数です。

北海道の子どもたちからのSOS 1万件以上

18歳までの子どもを対象とした電話相談窓口
「チャイルドラインほっかいどう」を取材しました。
すると、驚くべき数字に愕然としました。

003.jpg

今年度(1月末までの時点で)、北海道に住む子どもから発信があった件数が
1万1925件もあったのです。
子どもが相談窓口に電話をかけるのは、きっと勇気のいること。
こんなに多くの子どもたちが、SOSのサインを送っていたのです。

そのうち相談にのれた件数は、わずか1168件。
途中で電話が切れてしまったものや
相談を受ける「受け手」不足が原因で
キャッチできていない子どもたちのSOSがたくさんあります。

自殺の予防に関して、大人が知識をもつことが大切で
これは、子どもをもつ方だけでなく
社会の大人たちみんなで関わっていくことが求められています。

002.jpg

自殺予防について学びたい方は「自殺予防団体SPbyMD」に
お問い合わせ下さい。

また、「チャイルドラインほっかいどう」では
相談を受ける「受け手」のスタッフを募集しています。
次回の受け手研修の受付は、4月1日からとなっています。
詳しくは「チャイルドラインほっかいどう」のHPをご覧ください。

004.jpg

子どもの変化やサインに気付けたとしても
どんなことで悩んでいるのか?本心を打ち明けてもらえるだろうか?
悩みや原因がわかっても、その後どうしてあげたらいいのか?
そばにいる大人もまた悩みます。

お子さんのことで不安に感じることがあれば
「北海道立精神保健福祉センター」
または「北海道いのちの電話」にご相談ください。

子どもたちが自分の命を手放すことがないように。
大人である私たちの学びや対応が求められていると感じました。

1

この記事を書いたのは

森さやか(HTBアナウンサー)

HTBアナウンサー。夕方情報番組「イチオシ‼」に出演。
ラーメンの食べ歩き歴25年。ワークライフバランス・コンサルタントとしても活動中。
2児の母。絵本セラピスト。

ワークライフバランス・コンサルタントの資格を活用し、道内企業にワークライフバランスの普及や提案をする活動も行っている。
育児や介護、病気などの事情を抱えていても、自分らしく生きられる社会を目指し、地域の活動などを取材・紹介している。

<これまでに制作したドキュメンタリー番組>
■平成28年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門「青少年向け番組」優秀賞を受賞
「おはよう。いただきます。さようなら。~弁華別小学校最後の一年~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2016/04021053/

■北海道映像コンテスト2019 番組部門(放送)で優秀賞
「ごはんだよ。~にじ色こども食堂~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2018/05051000/