sodane

「雪上に広がる花火」AYA世代のメッセージ

花火の美しさとメッセージに感動

先月20日、旭川の夜空に約千発の花火が打ち上げられました。

真白い雪とまぶしく光を放つ花火の光景に、心を奪われます。

はなび.jpg

「HANABI for AYA」と名付けられたこのイベント。

企画したのは旭川を拠点に、がん患者をサポートする「AYAship」

代表の松浦美郷さんに、花火に込めた思いを伺いました。

香川県出身(旭川在住)の松浦美郷さん。

まつうら.jpg

舞台美術の仕事に就きたいと、東京の美術大学に進学。

しかし、大学2年生の時に悪性リンパ腫を発症。若い世代でがんと闘った当時を、こう振り返ります。

「夜泣いていました、一人で。吐き気と体のだるさと、抗がん剤って本当につらいんですね。これが本当に終わるのかっていう不安。あと周りは健康なので、ああ周りは先に行っちゃったけど、自分だけ取り残された気持ちになりました。」

長い入院生活の経験から病室をもっと患者に寄り添った空間に出来るのではと医療の道へ進むことを決意。

猛勉強の末、32歳で旭川医科大学に入学。現在は、実習生として医療現場を回っています。

AYA世代のがんは進行の早いものが多く、時間的な制約がつきまといます。

だからこそコロナ禍でも、いま、できうる限りのことをやろうと企画したのが「HANABI for AYA」でした。

より.jpg

 クラウドファンディングで、さまざまな団体や企業、医療機関などから予算を集めて、プロ顔負けの見事な打ち上げ花火イベントを成功させました。

 打上げ花火の映像はYouTubeで公開されています

はなびより.jpg

「患者と家族が笑顔になれる時間を」

花火にはそんなメッセージが込められています。

もり.jpg

 若い世代のがんについて、たくさんの人たちが知ることで変えられることがあるかもしれません。

 この映像がそのきっかけになってほしいと思います。

スタジオ.jpg

HANABI for AYA」動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=VH5uRgXox3M

1

この記事を書いたのは

森さやか(HTBアナウンサー)

HTBアナウンサー。夕方情報番組「イチオシ‼」に出演。
ラーメンの食べ歩き歴25年。ワークライフバランス・コンサルタントとしても活動中。
2児の母。絵本セラピスト。

ワークライフバランス・コンサルタントの資格を活用し、道内企業にワークライフバランスの普及や提案をする活動も行っている。
育児や介護、病気などの事情を抱えていても、自分らしく生きられる社会を目指し、地域の活動などを取材・紹介している。

<これまでに制作したドキュメンタリー番組>
■平成28年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門「青少年向け番組」優秀賞を受賞
「おはよう。いただきます。さようなら。~弁華別小学校最後の一年~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2016/04021053/

■北海道映像コンテスト2019 番組部門(放送)で優秀賞
「ごはんだよ。~にじ色こども食堂~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2018/05051000/