sodane

砂漠の水風呂!ニュージャパン梅田 サウナ野郎パンダ・リー[63]

非日常200%!「ザ・サウナ」とは?

いびつのまま、生きていく」。超絶サ本『サウナランド』の巻末で、箕輪厚介天才編集長はサウナの一番の魅力と本質を一言で見事に表現されやした。

人生最大に落ち込んでいるときに。北海道のニセコで。世話になったホリエモン先輩らがただただ一緒に時間を過ごしてくれて。毎日サウナに入って救われて。「いびつのまま、生きていける。こういう場所をつくっていきたい」と思いたち。そのサウナへの偏愛をあの『サウナランド』で形にされたと。

minowasaunaland.jpg

(画像:『サウナランドフェス』で挨拶する箕輪厚介編集長。“サウナでは皆「野良人間」!いびつなままでいいじゃないか!”と提唱。そのサウナの理想を、雑誌、イベントなど次々と形にしているガチサウナ―ざんす!フェスの話は近日お伝えするっす~)

今回愛でたい大阪は梅田にあるサウナには。いびつなままを受け入れてくれる度量、おおらかさがあるっす!この令和の時代には極めて珍しい「異空間のサウナ」っす。何人をも受け入れてくれるやさしい空気感!ほかでは聞いたことがない「サウナ室にある水風呂」⁉そして低温浴も平泳ぎも満喫できる「巨大な流水プール」!まさに「ザ・サウナ」と呼びたい!サウナ本来の姿が色濃く残るそのユニークな魅力を愛でるざんす。パンダ・リーっす。

スクリーンショット (129).png

☆[元気にサ活で免疫維持!日本のサウナ文化を守る!『日本サウナ学会』ガイドライン]

https://www.ja-sauna.jp/

異空間の魅力!大阪「ニュージャパン梅田」

大阪サ活。2回戦は梅田で朝ウナっす。朝5時。酔客と客引きが夜を引きずる繁華街にそのサウナはあったっす。「ニュージャパン梅田」にサウナインざんす。

NJUentrance.jpg

そしてエントランスには期待を裏切らないこの装飾‼

NJUlobby.jpg

は、はく製!!トナカイか!?いったいこれから何が起こるんでありやしょうか~w。おはようございやす、パンダ・リーっす。お世話になりやす。フロントで鍵を受け取り、脱衣場へ。

あぁ、キモチええなぁ~」。魂の叫びのような一際大きい声の主は若い兄ちゃん。おそらく酒を飲み倒したのちに辿り着き。サウナに救われた~っていう顔をしてるざんす。…パパッと着替えて、大浴場へ。

お~広い。縦に真っ直ぐ。入ってすぐ左に「高温サウナ」「低温サウナ」。右にずら~っと「スチーム」(これが前代未聞!)「水風呂」。そしてマジで巨大な「プール」などがあるざんす。プールサイドにはリクライニングが複数あって。向かいにはガラス張りの「プールサイドバー(休憩室)」って、ここはビーチかと!(笑)この日は残念ながら上の3Fにあるという露天はクローズ。洗い場はアカスリ、小さなサ室等と一緒に上の2Fに独立してありやす。早速イスに座ると…イスの座面がなんか高い!w サウナで体洗ってる感がハンパないっす。

NJU1F.png

(画像:ニュージャパン梅田HPから引用。1F大浴場、ひときわ目につくプールのどでかさ!)

1セット目:高温サウナではピアノが…

下の大浴場に戻り1セット目。サウナ室の扉を開けると…左に「高温サウナ」右に「低温サウナ」っす。まずは高温サウナへ~。

超ひろいっす。入口からまっすぐのひな壇の最上段にあぐら座。正面右にどでかいIKIヒーターが神々しく鎮座。オートロウリュは当たり前だと。サ室は去年リニューアルされたとあってピッカピカ。じわじわ発汗してきやす。

kouonNJU.jpg

(画像:HPから引用。高温サウナ室は落ち着いた抑え目の照明がサウナ紳士を異空間に誘うっす。)

サ室には他に二人。うなだれた感じでサウナと向き合っていやす。いずれもサウナで夜を過ごして朝を迎えたような印象。正直、疲れていらっしゃるのか微動だにせず。ロッカールームのあしたのジョー状態っす。

そんなダウナー気味にサウナ紳士が蒸されている中、さっきからなんか変…。なんなのか、この違和感…。あ!かかっているピアノのBGMのせいっす!Jポップの歌メロを美しく奏でているっす。例えていえば中学高校の音楽発表会みたいな。そんあポジティブでナイーブな空気感のサウンドが、夜の静寂が広がる闇夜のようなサ室にこだましている…。

他方サ室にいるのは「朝が、苦い」(🄫北方謙三)。苦い朝をサウナで迎えるサウナ紳士たち…。ハードボイルドな空間でかかっているのがポジティブでナイーブなピアノ曲…。そのミスマッチが変な感じを醸し出していたっす~。ちなみに大型TVでは健康美あふれるお姉さんがラジオ体操をしている映像がシュールに流れてたっす。

そうこうしてたらあっという間に発汗。サ室を出て。まっすぐのところにある自動シャワーブースで汗カットっす。からの隣の水風呂へ。

mizuburoNJU.jpg

(画像:HPから引用。1Fには水温の異なる2つの水風呂がサウナを出たそば左右に。サウナイキタイ調べでは左が約14℃、右が約12℃)

こ、これは相当なキンキン!表示は12℃!あ、あ~たすっ。滝が流れる水風呂。なまら爽快ざんす!

マジ泳ぎも!「ビーチのプール」

で、いよいよメインディッシュ。巨大なプールへ…。ふ、深い~。さらに長い~~~。スイマーのサウナーならガチ泳ぎできる長さは15メートルか?

poolNJU.jpg

(画像:HPから引用。浴場奥からの様子。巨大なプールは流水っす~。)

そしてプールのよこにはデッキチェア~。

poolsideNJU.jpg

(画像:HPから引用。リゾートのような景色ざんす~)

ビーチに隣接するホテルのプールとかわらんざんす!水温は格納した動画の中の支配人のお話しでは「33℃」。あ~低温浴、たまらんのぅ~~~。

で、浴場入口から見てプールの右に2つのくぼみがありやす。立ちで、座りで。それぞれ水の中で至極の低温浴を満喫できるっす。気がつけばAMZAと一緒でとどのようにプカプカプールで大はしゃぎw。水風呂からの低温浴ととのいでうっかり昇天ざんす~。 

2セット目:星空の低温サウナ!

2セット目は低温サウナっす。ほ、星が天井に!

teionNJU.jpg

(画像:HPから引用。サ室の天井が星空~。チームラボのサウナみたいっすw)

奥に座るも景色優先、入口のほうのひな壇にあぐら座っす。あ~キレイなお星さまw。ひな壇は小さめのIKIヒーターに向かって右入口そばのここと。左に二つありやす。温度はざっくり85℃。マイルドっす。

で、やっぱこちらのサウナもピッカピカ快適なんすが。なんか妙なんっすよね。TVはなくて。なにかにゃ~と考えたら、や、やはりBGMが個性的!ヒーリング系とはまた違う。打ち込みテクノ系っぽくもないっすがそうでもないっす。どちらかといえば…映画『アウトレイジ』のサントラみたいなダークな感じっす!(笑)エンドレスで流れていやしたねぇ。


照明と相まって。一体自分はどこにいるんだろう~と。大阪で撮影されたアクション映画『ブラックレイン』で巨匠リドリー・スコットが描いたあの近未来的なOSAKA!ナイトクラブの中にサウナがあればこんな感じかっちゅう気分に浸れやす。ゆっくりがっつり蒸されやした。でオートシャワーで汗カット。からの水風呂→ビーチのプールで低温浴はなんぼでも反復できる気持ちよさざんす~。

3セット目:砂漠の水風呂!「水サウナ」

最後のセットはスチームサウナへ。これが体感温度も内容も激しくヤバかった…。

入ると左に「熱湯シャワーの檻」?。大量のミストをドバドバ~と放出してくれていやす。左のタイルでできたひな壇に座りやす。さすれば正面、サ室の右側。なんと浴槽があるざんす!お湯でも張ってるのかなぁ…と思いきや手を入れると冷たいっす~。え???そう、水風呂っす!

mistNJU.jpg

(画像:HPから引用。スチームサ室にこの水風呂‼発想がヤバいっす~)

スチームサウナで足水風呂というのはここのこの浴槽横にもあるし。旭川の老舗スパアルパでも体験したっす。でもスチームサウナの中に水風呂がある施設はもちろんお初!びっくりしながら浴槽の中のステップをひとつ、ふたつ下がると…結構深い!ほ、本格的な水風呂ざんす~~~!

数分身を沈めていると。スチームの熱さで頭と顔がガンガンほてる一方…首から下はキンキンに冷却されてきやした。な、なんじゃこりゃ?!この不思議な体感っ!サウナイキタイによればサ室の温度は70℃。こ、この体感は…エジプトの砂漠で水風呂に浸かってる感じか⁉

P9050895.JPG

(心象イメージ:エジプトのピラミッドっす。灼熱カラッカラで最高気温は43℃!ここに水風呂があればニュージャパン梅田のスチームサウナの水風呂に近い体感ではにゃいかとw)

「いびつなままに、生きる」をそのまま受け入れてくれて。ほかにはない世界を堪能できるサウナ。非日常感200%のニュージャパン梅田はまさにガチサウナ―の「砂漠のオアシス」ざんす。

ちなみにとても不思議な星空の低温サウナについて。フロントの方にどんなコンセプトでつくったのか伺いやした。さすれば一言。

イマ風、ってことやろかね~

さすが日本初、世界初のカプセルホテルを擁するといわれる老舗のサウナ。「古きを温ね(たずね)新しきを知る」。いいものは残しながらも挑戦を止めない心意気を感じてととのったっす~。

つづく~

☆『ニュージャパン梅田』HP

https://www.umedasauna-newjapan.jp/sauna/

☆格納動画は「オフロナイトニッポン」のニュージャパン梅田特集。サウナの様子は15分~ほか。 故・Mr.なにわ師のサウナ愛あふれるレポートをぜひ! 冒頭の井上勝正師VSサウナ王の対談も必見っす~

72817_468352356513531_1059292433_n.jpg

ofuronaitonippon.jpg

1

この記事を書いたのは

パンダ・リー(サウナ野郎っす)

No Sauna, No Life!
“ととのう”話だけをお話するっす。
趣味は極真空手、旅、そしてサウナ。

「副業」はHTB帯広ブランチ・釧路ブランチの代表。21年5月から“サ国”とかちの首都「帯広」に移住。十勝・根釧を中心に北海道の魅力を国内外への情報発信を。“営業”としてCM、番組企画、そしてSODANEでお手伝いしてるざんす。お声がけ、お待ちしとります~。

サウナ情報&ご感想はTwitterで「パンダ・リー」まで!
https://twitter.com/matsu08130896