sodane

ライバルから見た大谷翔平は?「底知れぬ力持つ投手」「打者で出場している方がいや」

大谷翔平選手がきょうもホームランを打ちました。今シーズン36号で、ホームランランキングもトップ独走中。

ペースでいくと、シーズン58本を超えるとか。打点も、リーグトップの選手と3打点差とか。

投手をやりながら、打者での複数タイトル獲得も視野に捉えている、ちょっと信じられないような状況になっています。

ということで、きょうもこちら。

大谷ファイル.jpg

2016年、HTBで放送した特別番組「道なき道を-大谷翔平の現在地-」を制作した際にまとめてファイルの中から、

世界のスーパースター“オオタニサーーン”になる前の、若き日々を振り返ります。

今回は、「パ・リーグの他球団に所属していた選手が、大谷選手をどう見ていたのか」編です。

まずは、マリーンズとイーグルスの2球団で通算1600本以上のヒットを打った今江敏晃さん(2016年当時は楽天に所属)。

「底知れぬ力を持っているピッチャーというか、選手ですね。投げてもあんな速い球投げるし、打っても果てしなく飛ばせるし。

ましてや選球眼とかそんなんもあるし、ほんとに凄いなと思います」

「ボールをリリースする瞬間から振りだすぐらいの感じじゃないと当たらない。逆に早く振らないとって思うとフォークとか振ってしまう。

僕は打者なんで、やっぱり“ピッチャー・大谷翔平”の方が嫌ですけどね」

野球日本代表・侍ジャパンのメンバーとして、共に世界を相手に戦った、イーグルスの則本昂大投手は、

4歳下の大谷選手によくいじられていたようです。

「パンチ力もありますし、ミート力もありますし、素晴らしいバッターやなって思います。打たれているイメージしかない。

雰囲気が凄く良いですし、ボールを待っている感じがどこに投げても打ちそうな。そういう雰囲気が出ていると思います。

僕としては、バッターで名前が出ている方が嫌かなって思います」

「同期入団なんですけど(2013年)、歳がね、大谷君の方が下なんで、会えば挨拶に来てくれるんで、ええ子やなぁと思います。

おとなしいような、先輩をいじれるような、独特の空気感を持った人間と思います。

僕のこともいじってきますね。たぶん、なめてるんで(笑)。「勝ち運くださいよ~」とか言って寄ってきて。

そんな感じでよくいじられてます」

以前、このコラムでご紹介した“クソガキ”な部分は、他球団の先輩に対しても変わりませんでした。

最後は、昨シーズンから活躍の舞台をメジャーリーグに移した、元ライオンズの秋山翔吾選手。

「150㎞/hぐらいのピッチャーであれば、もうちょっと自分のゾーンまで、ストライクゾーンが分かったうえで

反応できるっていうか、判断して振っていると思うんですけど、

まっすぐ一本に絞っていても、そのまっすぐのゾーンっていうか、ストライク・ボールを判断するのが凄く難しいと思います」

「(打者・大谷は)守っててプレッシャーもあるんでね。外野手であれば、シングルヒットでも常にセカンドを狙っている走塁をしますし、

ああいう所で力を抜いてこないっていうのは、隙がないなって思います。

対戦する1カード(3試合)でいったら、先発登板1回してきてくれた方が、うちのピッチャー陣としては楽なんじゃないですかね。

守っていてもプレッシャーあったし、マウンドにいても威圧感がありました」

他球団のライバル選手からそんな風に見られていた大谷翔平翔平選手の若き日々を収録したFFFFFのDVDを発売中です。

*アメリカでも視聴可能な規格になっています。

DVD第7弾.jpg

DVD10周年.jpg

ご購入は、HTBオンラインショップからお願い致します。

https://www.htbshop.jp/htb/PG020ProductListPage.act

1

この記事を書いたのは

谷口直樹 FFFFFプロデューサー

【FFFFF(エフファイブ)】
毎週日曜 午前11:30~11:50放送中
※毎週金曜14:20~14:42に再放送中

■HTB北海道onデマンドはこちら
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_ff

■公式Instagramはこちら
https://www.instagram.com/htb_fffff/