sodane

アイヌの薬膳『シケレベカレー』 森さやかの思うコト

アイヌの薬膳『シケレベカレー』に出会った!

新しい味との出会いがありました!!

それは「シケレベカレー」です。

シケレベとは、アイヌ語で「キハダの実」のこと。

このシケレベの爽やかな風味とカレーのスパイスが最高に合うんです。

この夏の北海道は暑すぎる!!

バテ気味な時こそオススメのシケレベカレーを紹介します。

さやか1.jpg

このシケレベカレーを作り配達する川上容子さん(43)。

「体に優しいカレーを作りたい」と

自身のルーツであるアイヌの家庭に伝わるシケレベをスパイスの一つに加えました。

川上さんの実家では、シケレベをカボチャの煮物や甘露煮などに入れるなど

家庭料理で馴染みのあるものだったそうです。

また、風邪をひいた時に煮汁に砂糖を入れて飲む「薬」としても用いていたそうです。

殺菌・消炎作用があるとされるシケレベは、

アイヌの人々が自然から学び得た健康を保つための知恵でもあったのでしょうね。

さやか2.png

シケレベは、ミカン科の植物で、北海道にも広く分布する落葉樹。

木を切り倒す際にはみかんの香りが広がるのだそう。

この黒い実がシケレベを乾燥させたもの。

山椒よりも大粒で、コショウにも似ています。

「そのまま食べてみてもいいですか?」

口に入れて噛んでみると・・・驚きました!

みかんの皮をかじったような強い香り。

そして、噛んでいくと次第に苦みが広がり、

最後は舌がピリピリ痺れるような刺激が残ります。

癖になるような、まさに和製スパイス。

さやか3.png

このシケレベに、カルダモンやシナモンなど、10種類のスパイスを合わせ、

スープにはハーブや日高昆布なども使用。

野菜は細かく刻んでトロトロになるまで煮ています。

このシケレベカレーを、デリバリーで販売するようになったのは昨年5月。

新型コロナの感染拡大が収まらない中、自分が薬として飲んでいたシケレベで「みんなの体調が良くなってくれたらいいな」そんな想いをこめて、カレーを届けています。

水曜日と金曜日のみ、デリバリーでの販売です。(札幌市内)

優しさいっぱいのシケレベカレーを、ぜひ一度味わってみてほしいなぁ。

さやか4.png

シケレベカレーのご注文は電話かメールにて(水・金のみ)

川上容子さんのFacebookをご覧ください。

https://m.facebook.com/profile.php?id=100057524766388&_rdr

1

この記事を書いたのは

森さやか(HTBアナウンサー)

HTBアナウンサー。夕方情報番組「イチオシ‼」に出演。
ラーメンの食べ歩き歴25年。ワークライフバランス・コンサルタントとしても活動中。
2児の母。絵本セラピスト。

ワークライフバランス・コンサルタントの資格を活用し、道内企業にワークライフバランスの普及や提案をする活動も行っている。
育児や介護、病気などの事情を抱えていても、自分らしく生きられる社会を目指し、地域の活動などを取材・紹介している。

<これまでに制作したドキュメンタリー番組>
■平成28年日本民間放送連盟賞 特別表彰部門「青少年向け番組」優秀賞を受賞
「おはよう。いただきます。さようなら。~弁華別小学校最後の一年~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2016/04021053/

■北海道映像コンテスト2019 番組部門(放送)で優秀賞
「ごはんだよ。~にじ色こども食堂~」
https://www.htb.co.jp/hn/log/2018/05051000/