sodane

コロナワクチン1回目 札幌市 集団接種会場 つどーむでモデルナ製ワクチンを接種してみた 56歳健康体

札幌市 集団接種会場 つどーむでモデルナ製ワクチンを接種してみた 56歳健康体

820()午後130分からつどーむで1回目のワクチン接種の予約ができたので接種してきました。

この後つどーむで接種する方の参考になればと思い、レポートします。

平日の午後の接種予約となったので仕事の合間を縫って接種会場に向かいました。創世スクエアから地下鉄東豊線で栄町駅にて下車。札幌市のHPで栄町駅から無料の乗り合いハイヤーがあることは調べていたので、利用してみることにしました。

https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/yoyaku1.html

tizu.PNG

栄町駅の2番出口を出るとスタッフが案内看板を持っているのでそれに従い左折を2回。曲がり角にはスタッフが立っているので迷うことはありません。3分ほど歩くとハイヤー乗車場所に着きました。乗車場所には10人乗りのハイヤーが5台ほど並んでいます。

私がついた時にはちょうど前の車が出発するところで、その車には運転手さんを除き、3名の方が乗って出発していきました。

私は次の車に他2名の方と一緒に乗車しハイヤーはすぐに出発。待ち時間はほとんどありません。ハイヤーはおよそ5分でつどーむ会場に到着です。

つどーむ会場に到着したのは13時15分。予約時間の15分前でしたがこの時点ですでに1330分接種予定の人も受付を開始していたので、ここでも待ち時間はなく、接種の手続きに入ります。

最初に接種券と予診票を見せて会場内に入ります。この時にペットボトルの水が配布されました。この後、ちょっと待機して本人確認書類(=私の場合は運転免許証)の提示、予診票の内容確認、問診と流れるように進みました。

そしていよいよ接種です。

「左腕でいいですか」、「いいです」

「お仕事の途中ですか」、「そうです」

「すぐに副反応はないと思いますが夕方ぐらいから気を付けてください」、「半日後くらいではないんですか?」、「人によりますね」、「何も出ないと言われている世代なんですけどね…」、「それも人によりますよ」といった会話をしながら、ついに接種。

「まくった袖をしっかり押さえていてくださいね」

そうでした。ワクチン接種が始まったころは接種がかなり肩に近い場所だということがずいぶん報道されていました。

私が接種されたのはここ。

chuusha.jpg

長袖だったら間違いなく無理、半袖でもギリギリでした。仕事途中にワイシャツで接種を受ける方はご注意ください。

私は接種での痛みはほとんど感じませんでした。健康診断の採血の方がよっぽど痛いです。接種が終わった時間は1330分。会場入りから15分で接種完了です。この後15分の待機があって、最後に接種券に接種済証の手続きをしてもらって退場です。会場を出たのは1350分。接種後の手続きを含めても35分間で済みました。

退場口には乗り合いハイヤーが並んでいましたが、大半の人は利用していません。つどーむ会場はマイカーで来ても駐車できるので、乗り合いハイヤーの利用は少ないのかもしれません。帰りは運転手さんを除いて4名が乗車。10人乗りなので行きも帰りも密な感じはなく、窓も開放されていました。およそ5分で栄町駅に到着。降車場は行きの乗車場所とは違い栄町駅2番出口のほぼ正面でした。

つどーむ会場と無料乗り合いハイヤーの混雑度合いはこの日に限ってのことかもしれませんが、今後の接種の参考にしていただければと思います。

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!