sodane

『みんな大丈夫っていうけどさ・・・』元プロ野球選手 田中賢介 小学校設立に挑戦は未来へ恩返しだった HTBノンフィクション 編集後記

元プロ野球選手が小学校を設立…!


HTB北海道テレビは9月18日(土)午前11時10分から、「未来へ恩返し -小学校設立 元プロ野球選手の挑戦-」を放送します。(北海道ローカル)

今回この番組のディレクターを担当しました、札幌の立命館慶祥高校出身の岡野です。

初めて賢介さんから小学校の構想を聞いたのは去年5月。

最初は、「母校の立命館に関することに…」という気持ちはありましたが、

「本当に小学校なんてできるのだろうか」と半信半疑でした。

Still0622_00004.jpg

(インタビューに答える田中賢介さん)

取材を進めるにつれ輪郭が浮かび上がっていく小学校。

想像以上に、情熱を注ぎ、子どもたちの未来を考える賢介さんに触れていくことで、

「今までになかった小学校になる」と印象は変わっていました。

元プロ野球選手が小学校設立という、前例のない挑戦。

Still0622_00002.jpg

(打ち合わせをする田中賢介さん)

カリキュラム作りや、教員採用、学校設立の認可申請など、

賢介さんの仕事を上げ始めたらキリがありません。

その一つ一つをこなしていく賢介さんですが、野球選手の時とは180度違うものばかり。

寝不足の日々が続いたと言います。

札幌市豊平区にあった大学の研修施設を改修した校舎は

賢介さんのアイデアをカタチにしたもの。

Still0622_00005.jpg

(完成予想CG)

プールを改修した図書スペースや、階の行き来ができるネットステップなど、

従来の小学校からは想像できないものばかりです。

もちろんカリキュラムも、今までの小学校とは違うものばかりです。

完成学校外観.jpg

(完成した校舎)

私自身、「田中賢介」というブランドがあるので、

心配しなくても人は集まるだろうと思っていました。

番組の中で、「みんな大丈夫っていうけどさ…」と悩みを吐露するシーンがあります。

前例の無い道で、他人には決してわからないプレッシャー。

賢介さんが感じる苦悩や情熱の一端を感じていただければ、作り手としても幸せです。

1

この記事を書いたのは

HTBスポーツ部

野球、サッカー、バスケ、ウィンタースポーツと一年中盛り上がる北海道のスポーツシーンをお届けします。
twitter:https://twitter.com/htbsports