sodane

札幌市民の中でも知る人ぞ知る"円山商店街"。明治から続く趣きと最新トレンドが織りなす名店がいっぱい!

札幌市中央区にある「円山商店街」。大通西23丁目と24丁目の間、北側2ブロックにわたる商店街です。

LH20211009_maruyama_1.png

その歴史は明治の中頃から始まった朝市、円山朝市がルーツ。昭和49年に朝市のお店を受け継いだ商店が中心となり円山商店街が誕生しました。

LH20211009_maruyama_2.png

現在では約50店舗が営業中。

「円山商店街は明治、大正、昭和、平成、令和と長い歴史を重ねてきました。現在はコロナ対策を万全にしまして安心安全なお食事やお買い物を楽しんでいただけるように努力しています。」

そう語るのは円山商店街の高瀬会長。

LH20211009_maruyama_3.png

そんな歴史ある円山商店街を巡ります。

外観は靴屋さん!? レトロで落ち着いた雰囲気を生かしたイタリア料理店「Auguri」

LH20211009_maruyama_4.png

築70年以上の古い靴店の外観をそのままに、レトロな雰囲気を生かした店構えのイタリア料理レストラン「Auguri(アグーリ)」。

外見は当時のまま。中はカジュアルな雰囲気に作り替えられていました。

LH20211009_maruyama_7.png

イタリアでの修行経験もあるマスターおススメの逸品は、江丹別のブルーチーズを使った自家製ニョッキ。

LH20211009_maruyama_9.png

「刺激が強すぎるチーズよりも、深い味わいのチーズを」と語るマスター。使用するのは旭川市江丹別「伊勢ファーム」のブルーチーズです。

LH20211009_maruyama_8.png

伊勢ファームでは青草中心の飼料で育てた牛の生乳でブルーチーズを製造。牛乳本来の風味が生きた、深く、柔らかい味わいが特徴。

LH20211009_maruyama_10.png

料理の腕もさることながら、古い建物をうまく落ち着く雰囲気の内装に改築したお店自体も、どこか懐かしさを感じる、通いたくなる雰囲気です。

LH20211009_maruyama_11.png

アグーリ

住所:札幌市中央区北1西24丁目

公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/auguri.y/

北海道で一人!マスターシューフィッターがいる靴店「アルファ美輝本店」

LH20211009_maruyama_miki1.png

円山商店街の靴販売店「アルファ美輝本店」は北海道でただ一人の"マスターシューフィッター"がいるお店。

お客さんの足から疾病予防の観点で正しく合った靴を提案する専門家、シューフィッター。

その最高グレードの「マスター」の称号を獲得しているのが、木田さんです。

LH20211009_maruyama_miki4.png

マスターシューフィッターによる靴選びは、まずはどんな足なのかを測ることから。

LH20211009_maruyama_miki7.png

謄写版を使い、足にかかる体重によって写し紙に足の形を転写。体重がかかっている部分がより青くなるため、これにより足にかかる圧力の歪みなど、様々なことを読み取っていきます。

LH20211009_maruyama_miki5.png

足裏は感性が豊かな部分。そのため足の裏のフィーリングが悪いとストレスに感じたり、疲れやすいと感じるそう。

左右に重心が寄っていたり、足の指に体重が乗っていなく体を支えるバランスが悪い状態、またかかとに重心が寄っていて腰に負担がかかっている状態などがわかってきます。

そういったお客さまそれぞれにあった、姿勢やバランスを改善する靴以外の商品もおススメしてもらえます。

こちらは足の指にしっかり体重が乗るように支えてくれる靴下「ととのえる」。

LH20211009_maruyama_miki9.png

こちらはMBTという正しい姿勢を体に伝えてくれるトレーニング用品でもあるフットウェア。

LH20211009_maruyama_miki11.png

つま先が固く曲がらず、独自のカーブした足底の形状が歩行姿勢を矯正して正しい、バランスの良い歩き方をサポートしてくれます。

人生を変える一足に出会うために、まずは足を整えることからサポートしてくれるアルファ美輝さん。お悩み相談会は出張でも受け付けています。(要相談)

アルファ美輝 本店

住所:札幌市中央区北1西23丁目

電話:0120-841-928

公式ウェブサイト:https://alphamiki.co.jp/

ポールタウンの人気店「椿さんど」の本店も円山商店街に。

札幌地下街ポールタウンにもある「椿さんど」の本店は円山商店街にあります。

LH20211009_maruyama_tsubaki1.png

椿さんどは、1枚1枚じっくりと丁寧に焼き上げた、ふわふわな無添加のパンケーキで、濃厚な生クリームを挟んだスイーツ。

LH20211009_maruyama_tsubaki3.png

甘さ控えめな生クリームで食べやすく、なにより特徴的なのがそのふわふわなパンケーキの生地。

LH20211009_maruyama_tsubaki4.png

その秘密は、焼き立てのパンケーキを一度急速冷凍し、解凍すること。これにより「フワフワなのにトロトロ」という独自の触感を生み出すのだそう。

LH20211009_maruyama_tsubaki5.png

生クリームと一緒に食べることで、よりしっとり、トロリとした食感が際立ちます。

さらにてんさい糖のシロップが付属されており、これをかけることでさらによりコクが出て、クリームも和風な味わいに変化。二度楽しめるのがうれしい仕掛けです。

さらに「椿さんど」のドリンク(…!?)も発売中!

いちごジャム、てんさい糖の焦がし蜜シロップにつけたパンケーキ、練乳を加えた牛乳を入れた「いちごミルクショートケーキ」です。

LH20211009_maruyama_tsubaki7.png

パンケーキをまでて崩しながら飲むことで、パンケーキの食感も楽しめ、いちごの酸味が後味をさっぱりしてくれます。

LH20211009_maruyama_tsubaki2.png

椿さんど 円山本店

住所:札幌市中央区大通西23丁目

公式ウェブサイト:https://www.tsubakisando.jp/

ホテルの 「広東厨房 結杏(ゆあん)」

LH20211009_maruyama_yuan1.png

全国のホテルで広東料理を修業したプロフェッショナル、市川さんがマスターを務める「広東厨房 結杏(ゆあん)」。ホテルの味の中華料理が円山商店街で楽しめます。

LH20211009_maruyama_yuan5.png

こちらのおススメは豊富な品数でこだわりの詰まった点心が楽しめる「飲茶ランチ」!

LH20211009_maruyama_yuan3.png

点心はすべて手作りで、おススメは北海道産の干し貝柱を使った蒸し餃子。

LH20211009_maruyama_yuan4.png

貝柱の旨味がぎっしり詰まり、お肉もたっぷり入った蒸し餃子です。シュウマイにも陳皮をつかり柑橘系のさっぱり感も味わえるこだわり!

歴史がありながら訪れる人にやさしく、庶民的な味わい感じる円山商店街で本格的なホテル中華が味わえる名店です。

広東厨房 結杏

住所:札幌市中央区大通西24丁目

公式ウェブサイト:https://foodplace.jp/yuan/

10月に入り緊急事態宣言も終結、各店舗が時短営業となった札幌の街。

まだ人出が読めない札幌中心部はちょっと…という方もいらっしゃると思います。

そんなときには、円山公園や北海道神宮など開放的な場所を散策できるスポットも近い円山商店街を、お散歩がてら訪れるのはいかがでしょうか?!

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!