『がんになった 会社を辞めちゃった』 次に病院に行ったら辞めなくてもいいって・・・どうしよう 両側乳がんになりました121

次のだれかのために・・・と綴っています。

毎月19日はピンクの日! ご自身の胸に関心を!

がんと診断されてから2年半が過ぎました。ここまであっという間と言われればあっという間。目の前の治療だったり、仕事だったりをしているうちにここまで来ているという感じです。身体の感覚でいえば、薬の副作用はそれなりに、ホットフラッシュ・コールドフラッシュが来るのも変わりませんし、足がつりやすくなったり、など新たな悩みも生まれてはいます。

こうして発信をしているとお悩みが多く寄せられます。副作用や新しく出てきた症状などは主治医の先生に相談すればある程度解決が可能です。でもお金の問題・・・これはなかなかどこに相談すればいいのかわからないという声が多いです。がん支援センターなどがある病院ですとソーシャルワーカーさんなどが相談に乗ってくださいますが見つからない方はどうすればいいのか。

寄せられたのは数年前に乳がんと診断されてホルモン治療。先日、子宮体がんが発覚した女性の声でした。

初発の告知の際にびっくりしてすぐ仕事を辞めてしまったそうです。前回、すぐに退職してしまったので、自己都合退職となり、その後しばらく生活が大変だったそうなのです。今回は後悔したくない。現在の職場も休みがあまりもらえず、辞めさせられる可能性があるのだけれど今回は絶対に泣き寝入りをしたくない、というものでした。

コミュニティ周りのみなさんにお話ししたところ、こうした方、結構いらっしゃる。がんと告知されて、次の病院で先生に『辞めなくて大丈夫ですよ』と言われる前に会社を辞めてきてしまった、びっくり退職してしまった方の多いこと多いこと。これはいけません。

私の場合は、会社に伝えてギリギリまで働き、(結構元気だったし、そのほうが考えずに過ごせた)入院前日まで働き、退院後少しずつメールなどの処理をしながら『社会とつながる』実感を持って1か月後に復帰しました。自分がどうしたいのかを率直に話すのがいいと思います。

ただ、慢性的に人手が足りない職場などですと、休むと待っていていただけないケースも少なくありません。非正規・正規問わず、方策があります。個々の方によって状況は違うと思いますのでこうした方には社会保険労務士さんをお勧めしたいと思います。各自治体に労務士会があって、無料相談窓口もありますので一度調べてみて相談してみてはいかがでしょうか?

治療を受けるにあたり、お仕事についての心配や悩みごとは尽きないと思います。がん患者さんもそのご家族も含めて『治療と仕事の両立をできる』ことを前提に考えていただいたほうがいいと思うのです。

もちろん、治療によっては体力的なものからお休みしたほうが良い場合もありますし、無理は禁物ですがすぐにやめることは賢明ではありません。雇用保険・高額医療費控除・傷病手当金などなど、支えてくれるものがあります。

辞める前に一呼吸、大切です。

ちょっと周りで悩んでいる方も多いので、イベントを行うことになりました。

がんと診断された・また治療が始まった・休まねばならない そんなとき、お金はどうする? 仕事はどうなる?と不安が募る・・・札幌で活躍される2人の女性社会保険労務士にいざというときのために備えたいお金のコト・まだもらえる 知らないと損する話などなど知っておきたいことをギュっと詰めてお届けします。

社会保険労務士の先生方はまだまだお仕事のことを知ってほしいと思ってくださっていますし、何よりもご自身も子育てなどを経験されて、企業で働くことだったり、女性の働き方に関する経験と知識、そして熱い思いをお持ちです。お二人で影練(ふるい・・か)もしてくださっているので非常に楽しみです。

『がんとお金 ピンクリボントーク#7』
社会保険労務士に聞く 備えたいお金のコト まだもらえる 知らないと損する話 
<日時>
2021年11月26日(金)午後7時
YouTube無料配信(HTB北海道ニュースYouTube)
<出演>
社会保険労務士法人Minds
代表/特定社会保険労務士 多屋美織
社労士オフィス ココロ咲くココカラ
代表/社会保険労務士 佐藤恵
聞き手)
HTB「おっぱい2つとってみた」制作 阿久津友紀
イベント後は、その内容を皆さんにシェアしていきたいと思います。

がんとともに、、、。

番組、SODANEへのご感想、ご意見お聞かせください。
番組制作、今後のイベント、SODANEなどで活用させていただきます。
がんとともに生きる方、ご家族を持つ方、そうでなくても、もちろん、どんなことでも、構いません。
決して1人ではありません。

メッセージはこちらから
1

この記事を書いたのは

阿久津友紀

ピンクリボントーク第7弾 『がんとお金』
11月26日(金)午後7時から HTB北海道ニュース公式YouTube
https://youtu.be/3fjRTffLTmQ

社会保険労務士に聞く 備えたいお金のコト まだもらえる 知らないと損する話
質問はチャット欄で受け付けします。

【出演】
★社会保険労務士法人Minds
代表/特定社会保険労務士 多屋美織
~PROFILE~
総務部OLとして労務、人事、セキュリティなどを担当し、管理職を経験後、現在は札幌市中央区で開業。主に道内企業へ社会保険労務士サービスを提供。休日の過ごし方は、愛犬フレンチブルドッグとのキャンプ、釣り(サクラマスGETのために1級小型船舶免許取得)。自分自身の中にある『甘い』様々な誘惑に打ち勝つべく、フルマラソン挑戦、筋トレが日課。

★社労士オフィス ココロ咲くココカラ
代表/社会保険労務士 佐藤恵
~PROFILE~
2人の息子の子育てをしながら8回目の社労士試験でやっと合格!
10年間の社労士事務所勤務時代も、フリーアナウンサーとして500組以上の結婚式司会も行なってきた異色の社会保険労務士。現在は、中央区に事務所を構え、障害年金手続きの社労士として西へ東へ奮闘中!愛称はサトメグ!

聞き手)
HTB おっぱい2つとってみた 制作
阿久津友紀

第4弾の”がん患者さんとココロ” 北海道の斗南病院の精神科長で登録精神腫瘍医の上村先生に伺いました。アーカイブは
https://youtu.be/D-j4RrGSgkw

テレメンタリー2020
『おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~』年間最優秀賞 

ギャラクシー賞・選奨(報道活動部門)民放連 放送と公共性 優秀賞

ピンクリボントーク 患者と家族と社会 ~生きてくのに必要なコト~
アーカイブ配信:無料
https://youtu.be/PS4eJMy4GcY


これまでの動画は・・・
【乳がん】おっぱい2つとってみた

”まま・ここっと”さんの連載、”伝えたい、乳がんのはなし。”
https://chuco.co.jp/modules/mama/index.php?content_id=8

WEB掲載もされました。

伝えたい、乳がんのはなし。
えりさんのはなし。
ひろえさんのおはなし。
Yさんのおはなし。
こちらも是非お読みくださいませ。

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
【2020年ギャラクシー賞 奨励賞】
HTBonデマンドで無料配信中!
https://hod.htb.co.jp/pg/pg_op
テレメンタリー2020スペシャル ”新しい日常と生きていく”で全国放送
abemaTVで御覧になれます

youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/