驚きいっぱいのベーカリーから温泉ならではの楽しみまで!札幌から車で50分。定山渓のおススメスポットをご紹介!

札幌中心部から自動車で50分ほど。石山通をまっすぐ進んだ奥座敷の定山渓。

温泉街として昔から愛されてきましたが、最近は個性的なカフェなどが続々と誕生するオシャレなスポットとしても注目を集めています。

そんな定山渓の注目スポットや定番の楽しみ方をご紹介します!

足湯×ベーカリー!? オシャレな内装や遊び心にもびっくり!「エクスクラメーションベーカリー」

20211120jozankei_2.jpg

今年4月にオープンした「エクスクラメーションベーカリー」は木々に囲まれた建物の入り口になんと足湯が設けられた斬新な空間づくりが印象的。

20211120jozankei_3.jpg

外観から驚きのこのお店、内装も外とは雰囲気が変わってさらにオシャレな空間が広がります。

20211120jozankei_6.jpg

提供するパンもその様々な種類の彩りに加え、障子の中ににディスプレイされる斬新さにも心躍ります。

20211120jozankei_7.jpg

提供するパンはどれも個性的ですが、中でも目を引くのが「九条葱とちりめん山椒」。

20211120jozankei_8.jpg

たっぷりの葱の下には山椒とクリームチーズが。優しい葱の風味が口いっぱいに広がった後、クリームチーズの爽やかな酸味が絶妙な美味しさ。

20211120jozankei_13.jpg

ランチタイム限定の「エクスクラメーションバーガー」はそのボリュームもさることながら、アカドやチェダーチーズ、アクセントに塩昆布キャベツなど7種類もの具材がサンドされ、地元定山渓精肉店が手掛ける牛肉100%のパティには牛タンが入っていることで食感も楽しめる逸品。

20211120jozankei_14.jpg

「栗とハスカップ」も大人の味わいにハスカップの爽やかさがやみつきになります!

このような個性的なラインアップは既に大人気でお昼前に売り切れてしまうものも多数。

そのため、お昼過ぎ限定のお楽しみとして「2時のクリームパン」も登場します。

20211120jozankei_15.jpg

そして3,000円以上お買い上げの方にはさらなるお楽しみが!

20211120jozankei_9.jpg

なんと、店内にあるガチャガチャを回して素敵なプレゼントがもらえます。

入っているのは周辺のお店のジェラート引換券や、中には謎の鍵も…!

20211120jozankei_10.jpg

この鍵、店内におもむろに設けられたロッカーを開けることが出来る鍵。

20211120jozankei_11.jpg

このロッカーを開けてもらえるものもお楽しみなのですが、時には自家製で非売品の「デニッシュの角食」なども…!

20211120jozankei_12.jpg

非日常が味わえる空間で遊び心たっぷりのおもてなしが受けられる、注目のお店です。

エクスクラメーションベーカリー

札幌市南区定山渓温泉西2丁目1

電話番号:011-252-7710

営業時間:10:00~17:00

定休日:不定休

公式instagramアカウント:https://www.instagram.com/excl.pan/

合言葉は「今日は何分ですか!?」 温泉で、本物の温泉たまごを作って、いただく。

続いてご紹介するのは大正15年創業の定山渓のお土産処「定山渓物産館」。

20211120jozankei_16.jpg

こちらで楽しみたいのが、"本物の温泉でつくる"温泉たまご。こちらの物産館では生卵をネット入りで販売しています。

20211120jozankei_17.jpg

そしてその売り場には、「今日は11分」の文字が。

20211120jozankei_18.jpg

その日ごとに、ちょうどよい温泉たまごができる分数を教えてくれます。

こちらで卵を買ったら向かうは歩いて3分ほどの「定山源泉公園」へ。

20211120jozankei_19.jpg

ここにある温泉たまご専用の「おんたまの湯」。80℃を超える源泉に卵をネットごとつけて温めていきます。

20211120jozankei_20.jpg

教えてもらった分数温めたら、再度物産館へ。こちらではその場でいただくための器と塩をサービスしてくれます。

20211120jozankei_21.jpg

ちょうどよいタイミングでいただくと、つるんときれいな半熟の温泉たまごが。

程よい塩気と温泉ならではの風味が広がって、トロッとした触感がたまりません~!!

定山渓を訪れた際はぜひお試しください!

1棟貸し切りで非接触型!家族やお友達と安心して過ごすことができるホテル「SAKURA定山渓 膳」

定山渓の手前から国際スキー場に向かう道沿いに見えてくる「SAKURA定山渓 膳」。こちらは地上2階建て、1棟貸し切り型のホテル。

20211120jozankei_22.jpg

チェックインから鍵の受け渡しまで、入り口のタブレット端末対応の手続きによってスタッフとの接触なしに非接触型で行えます。

20211120jozankei_24.jpg

こちらはワンちゃんも一緒に宿泊できるお部屋。掘りごたつのリビングにはキッチンがついていて、冷蔵庫や電子レンジ、さらに食器やグラスなどもそろっているので食べ物を持ち込んでも楽しむことが可能。

料理は配膳を頼むことも可能で、事前に申し込みしておくことで、時間指定で配膳ボックスに届けられます。

普段は和食中心のメニューですが、12月のクリスマスシーズンには豪華に楽しめるクリスマスファミリープランも。

20211120jozankei_25.jpg

一回で食事出来なくても、備え付けの電子レンジやオーブントースターで温めてゆっくり食べることもできるので、小さなお子さんがいる方も人目を気にせず、マイペースに過ごせるのもうれしいポイント。

20211120jozankei_27.jpg

そして、2階には3室のベットルームがあり家族や友人ときてもプライベートの時間も過ごせます
お風呂も2,3人でゆっくり入れる広さ。

アニバーサリーでの利用として、おじいちゃん、おばあちゃんのお誕生日を一家でお祝いしたり、ペットと一緒に外出しづらいという方、お友達家族とのお出かけなどに人気というこの「SAKURA定山渓 膳」。

これからの季節は、泊りがけでのスキーなどでの活用もよいのでは!?

SAKURA定山渓 膳

札幌市南区定山渓温泉西1丁目43

電話番号:0120-792-785

公式ウェブサイト:https://jozankei.jp/sakurajozankei-zen

新しい注目スポットが続々の定山渓。少し足を伸ばしてドライブやバスの旅でお出かけを楽しむのはいかが!?

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!