ここはどこだ!?50年前のさっぽろ地下街はこうでした 懐かし映像必見!

2021年は「さっぽろ地下街」開業50周年!

開業記念日の11月16日には、オーロラプラザで道内最大級のLEDビジョンがお披露目されました。


その大型ビジョンなどで公開されている50周年記念動画のひとつ、「タイムトラベル歴史編」はもう皆さんご覧になりましたか?


開業当時の地下街の様子や、これまで歩んできた歴史を、映像や写真で振り替えることができるものなのですが…

その50年前の映像・・・HTBにあったものなのです。

HTBの開局は53年前の1968年。なので50年前の映像が会社のアーカイブに眠っていたのです。

そのVTRはオープニングの後、1971年の札幌市の上空の映像から始まります。
1971年11月16日、さっぽろ地下街が開業した日。

地上ではオープンを待ち望む人々がごった返して、お祭り騒ぎでした。
詰めかけた老若男女がなだれ込むように地下へ入っていく様子も捉えられています。

映っている人たちの装いに時代を感じます。

kk.png

さっぽろ地下街によると、この日駆け付けた市民らは約35万人。
当時の札幌市の人口が約105万人ですから、一概には言えないものの【札幌市民の3人に1人以上】が訪れた計算になります(!)。


当時のさっぽろ地下街には、大通公園の自然を地下街でも体験できるようにと、魚たちが泳ぐ水槽がありました。いまもある「小鳥の広場」や噴水もあったことに驚かれる方も多いのではないでしょうか。


通路の真ん中でクルマの展示も行われていたようです。どうやって運び込んだんですかね…!


それから10年後、20年後、30年後、40年後、そしていまの様子を伝える写真がスライドショーのように流れていきます。


こう見ると、さっぽろ地下街が、その時代の人々の身近な存在として、みんなに愛されてきた様子が伝わってきますね。


そんな50周年記念動画「タイムトラベル歴史篇」。

さっぽろ地下街の公式YouTubeチャンネルでも見ることができますよ。懐かしいと思う方もいると思いますが、昔はこんなだったんだ、という新しい発見もあると思います!一度ご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=zIqCulxdyuE

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!