北海道でもブームのキャンプ!その醍醐味は?

みなさんキャンプしてますか?ここ数年アウトドアブームのなか新しいキャンプ場が次々とオープンし『キャンプ』が注目されています。

一人キャンプからグランピングまで様々なスタイルがあり、人それぞれ楽しみ方の違いやこだわりあるのではないでしょうか?

そこで、みなさんにとってキャンプの醍醐味は何か?を伺いました。

Q.キャンプの醍醐味は?

1.ワイルドな料理        1,697件  17%

2.焚火を囲む時間        4,312件  46%

3.喧噪(けんそう)からの離脱  2,338件  24%

4.そのほか           1,299件  13%

焚火を囲む時間が半数という結果になりました。

みなさんからお寄せいただいたコメントご紹介していきます。

1.ワイルドな料理

札幌市  20代女性  「肉の塊をそのまま焼くことをしてみたいです。 私のオススメは、好きな具材を入れたトマトスープです。」

美唄市  30代男性  「家では作らないような料理でも外なら平気で作れちゃうの不思議なんですよね〜(笑)」

釧路市  30代女性  「ワイルド料理の最後に、繊細に焦がしたマシュマロを食べること。普通のマシュマロは苦手だけど、焼けばカリふわトロ〜の食感が最高です。」

札幌市  40代女性  「肉の塊を豪快に焼く!味付けは塩コショウのみ、でも自然の中で食べると最高に美味しいんだよな〜」

札幌市  40代女性  「段ボールで作った燻製器で、色々な燻製を作るのが楽しみです。マンションのベランダではできないので。」

小樽市  50代女性  「20年、毎年 家族でキャンプしています。今年はどんな料理にしようかと、年明けから情報収集します。」

札幌市  50代女性  「トウモロコシ皮ごと焼いたり出来ますよね。家の中でやったら 大変なことになります!」

富良野市 60代男性  「ダッチオーブンで肉の固まりでローストビーフにしたり、ローストポークだったり 炭火の上でチキンの、丸焼きだったり色々出来てそれが楽しみです。」

札幌市  60代男性  「旦那が、全部してくれるので、いいですよ、家庭と違ってバーベキューやポトフなど外で、食べるのが美味しです!」

札幌市  70代女性  「皆でお肉や魚など焼いて食べるのが楽しみです、そういうところで食べるのは子どもなんでも食べるようになり好き嫌いもなくなりますよ」

札幌市  80代女性  「外でいい空気を吸いながら肉や貝類そして魚好きな物を網で焼いて食べたり、焼きそばとか色々と楽しめます」

2.焚火を囲む時間

札幌市  10代女性  「アクティブな時間もいいですが焚き火の近くでゆったりするのも良いですね」

札幌市  10代男性  「家族で誰が一番上手に焼けるか競いながら マシュマロを焼いている時が楽しいです! 激うまです! 」

札幌市  20代女性  「学生時代からの友達と焚き火を囲みながら話をしている時間がとても楽しいです!今年もたくさんキャンプに行くぞ〜!!」

札幌市  20代女性  「火を見て何も考えずボーとする時間が好きです。」

美唄市  30代女性  「何を焼くでもなく、ただひたすらに火を絶やさず見つめている。 そっちの方が楽しいことに気づきました。」

北見市  30代女性  「火と星を見ながら飲むワインが最高です。マシュマロ焼いたり、チーズを炙ったりすることも。」

釧路市  40代男性  「これがなかったら何も始まらないと思いますので。パチパチ燃える姿を見つめてゆっくりしたいですね」

恵庭市  40代女性  「普段は口数が少ない夫なのですが、キャンプでたき火を囲むと「あの時こうだったなぁ」と思い出話をしたり老後の夢などを話してくれるので、たき火って何かを引き出したくれる力があるんじゃないかと思っています。」

札幌市  50代男性  「火吹き棒で火を起こし、焚火を見ながらボーっとしているときが一番です」

森町   50代女性  「キャンプ歴は30年以上です。北海道は夜の空が綺麗なので、焚き火を囲んで星を見るのが幸せです。」

江別市  60代女性  「人生で1度だけキャンプをした事があるがキャンプファイアの皆んなで歌ったり語ったり笑ったり…楽しかった思い出があります。」

苫小牧市 60代女性  「食事のあと残り火で湯を沸かし、コーヒーを飲みながら星空を眺める時間はほんとうにゆったりとしていい時間です」

札幌市  70代男性  「キャンプファイアが想い出します。若かったんですね、皆でキャンプファイアを囲んで歌を唄ったのを思い出します。」

江別市  70代女性  「焚き火って不思議ですよね、特に雲一つない星空だと、この世に悪い事が1つもないなと感じながら、ゆったりします。」

3.喧噪(けんそう)からの離脱

札幌市  20代男性  「ソロキャンが好きなので、静かで落ち着く自然の中で自由に過ごすことが醍醐味です」

伊達市  30代男性  「日常の事を忘れて、キャンプに集中できて最高です。気分転換にもなるので、とても楽しいです。」

札幌市  30代女性  「デジタルデトックスもして、心身共にリフレッシュします!」

北見市  40代女性  「いつもの忙しい毎日から、ガラッと変わるのがいいと思う。自然の中でマイナスイオンを吸っていると心が洗われるようです。」

札幌市  40代女性  「屋外という開放感、不自由をいかに自由に楽しめるか快適に過ごせるかのチャレンジが楽しい」

むかわ町 50代男性  「不便な中で、日常の喧騒から離れて過ごす時間は貴重ですよね。ただ、キャンプの準備と後片付けが面倒で、いつもはキャンプではなく、あまり人の来ない温泉宿にしてしまいます。」

苫小牧市 50代男性  「大自然に抱かれて静かに眠る。日の出とともに起き、日の入りとともに眠るのはとても人間らしいと思いますよ。」

札幌市  60代男性  「便利だけれどせわしない日常を離れ、ちょっとだけ不便な時間を過ごすことで解放感に満たされます。」

江別市  70代男性  「日常の雑音等からの離脱で晴れた夜には1面に広がる星空がいっそうの感動を与えてくれる」

北広島市 80代女性  「何にも考えず薄っすら明けた空とコーヒーの味は忘れられないなぁ〜」

4.そのほか

留萌市  20代男性  「自然の中で過ごす時間は、自分がいかにちっぽけか分かる時で、色々なことが冷静に考えられる一時。」

札幌市  20代女性  「テントで寝る瞬間! 興奮してなかなか寝られないんですよね〜!」

札幌市  30代女性  「自然のにおい!朝の霧がかったにおい、夜風の清々しいにおい!家の中で感じられないにおいです!」

札幌市  30代男性  「冬キャンプをやっていますが、薪ストーブを焚いてテント1枚挟んだ外の世界が氷点下なのがたまらない瞬間です。いつもと違う景色を見るのも楽しいですよ!」

札幌市  40代女性  「遊ぶのです。 街中近くのマンション生活なので、川で遊んだり原っぱでキャッチボールやら鬼ごっこやらフリスビーやら、沢山遊びます。」

札幌市  40代女性  「カップ麺さえも美味しく感じられるあの感じ。 キャンプの朝のコーヒーとかたまりません。」

札幌市  50代男性  「酒を飲みながら、だらだら過ごす。料理なんかも適当に作っても何となく美味しく感じます。」

札幌市  50代女性  「流行ってる冬キャンも室内キャンプもしないけど、夏キャンプならご飯を食べた後、星空を見上げながら色々話をするのが楽しい時間です。」

室蘭市  50代男性  「テント設営から料理に至る迄、父の独擅場でした。 今度は孫と行きたいなぁ! 」

札幌市  60代女性  「参加して居るメンバーの関係を深めながら、得意な事を分担して…新たな一面等を見つけられる、ゆったりとした時間の流れが素敵だと思います。その人の本質も見えたり…苦笑!」

札幌市  70代男性  「自然の環境の中でちょっと足りない物の中で楽しめるのがたまらないですね、それにいろいろの経験が出来るとこかな。」

札幌市  80代男性  「家族の絆を強めるのには絶好のチャンスだと思いますね、子供と一緒に炊事した料理したりと子供との絆を強めることですね。 」

「大自然」「空気」「テント」「釣り」「料理」「時間の流れ方」など独得の雰囲気で、私生活から隔絶した環境を楽しんでいるというコメントが多くいただきました。

キャンプに行かないという人も、YouTubeで焚火の映像や、キャンプ飯などの映像を見るのが好きという人も、楽しみ方はそれぞれでした。

みなさんにとってのキャンプの醍醐味は何ですか?

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!