藤村Dと一緒にキャンプ!!「ここキャン北海道」八雲では活あわび・八雲牛がもらえる 道内5か所のキャンプ場でアウトドアを楽しもう! #2 温泉も食もすごいぞ!八雲町

ここキャン北海道は道内のキャンプ場で、各地の魅力を五感で感じながら楽しむ1泊2日のキャンプ企画です。参加すると『いいコト』あるよ!ということでスタッフがいろいろご紹介します。

5月23日(月)の最新情報!「嬉野Dが6月22日(水)-6月24日(金) 八雲町熊石青少年旅行村にやって来る!!」

八雲町会場は藤村Dと嬉野Dがともに参加の会場となります。

さらに、手ぶらでキャンプに参加したい方に、朗報です。

各日、ケビン3棟(1棟 最大5名まで)とツリーハウス10棟(1棟 最大6名まで)を無料開放します。

https://www.htb.co.jp/cococamphokkaido/news/20220523073517/

八雲は食も温泉もスゴイ!

4月8日。第3回の会場となる八雲町「熊石青少年旅行村」の下見にいってきました。

今回は、道南の八雲町「熊石青少年旅行村」とその周辺の魅力をお伝えします。

日本海と太平洋の海産物を楽しめ、酪農王国でもある八雲町。札幌市中心部から車で道央自動車道を使って約3時間で八雲PA。PAに隣接された道立公園「噴火湾パノラマパーク」に立ち寄りました。噴火湾が一望でき、旅の途中の休憩施設としても抜群の便利さです。

cococamp0421_1.jpg

「噴火湾パノラマパーク」内にある「丘の駅」には、町内で生産されているお菓子・海産物・畜産加工品・乳製品のほか、八雲町は北海道の木彫り熊の発祥の地であり、木彫り熊も取りそろえています。

cococamp0421_2.jpg

cococamp0421_3.jpg

八雲PAから約30分。函館から車で1時間30分程度。今回のキャンプ地、八雲町「熊石青少年旅行村」は檜山道立自然公園内の日本海を望む高台に位置し、約5万㎡(東京ドームおよそ一個分!)の広大な敷地に芝生が広がり、点在する樹木が爽やかな木陰をつくる快適なキャンプ場です。

キャンプサイト2.jpg

cococamp0421_5.jpg

薪も割り放題、使い放題。この会場を貸し切りとしていただく太っ腹なご対応です!!

cococamp0421_6.jpg

いいコトその1 なんと!「活あわび各2個 参加者全員にプレゼント」

八雲町熊石ではミネラル成分が豊富な「熊石海洋深層水」でエゾアワビの養殖を行っているので、年中気軽にアワビを味わうことができます。4月から漁が始まり、春は6、7月上旬まで、秋は10、11月と天然アワビ漁が解禁となります。ここキャン北海道の開催時は活あわびを味わうことができます。八雲町からここキャン北海道の参加者全員に活あわびを各2個プレゼント。また、各組ごとに八雲牛(200g)、二海サーモン刺身(10切れ)、八雲牛ソーセージ(4本/袋)、地ビール(1本)、米(宍戸農産)(2kg入)、海洋深層水(万葉の詩塩)も八雲町からプレゼントされます。

cococamp0421_7.jpg

cococamp0421_8.jpg

いいコトその2「温泉」も選べる!

秘湯が多く存在する八雲。その秘湯の一つは、熊石青少年旅行村から約4キロのところに藤村Dも訪れたこともある、あの超秘湯「熊の湯」もあります。(無料)

携帯電話はつながらないのでご注意ください。

cococamp0421_9.jpg

「熊の湯」

cococamp0421_10.jpg

熊石青少年旅行村に隣接する「ひらたない温泉 あわびの湯」。ロビーにはあわびの生態や歴史・文化を紹介した展示コーナーもあり、温泉は午前11時から午後9時まで。また、標高約60mの雲石峠の麓にある「見市温泉」は100%源泉かけ流しの温泉です温泉は午前9時から午後9時まで。

なんと、ここキャン北海道の参加者はいずれかの温泉に入浴できる無料券もプレゼント!!

cococamp0421_11.jpg

「あわびの湯」

cococamp0421_12.jpg

「見市温泉」

いいコトその3「遊具がたくさん」

熊石青少年旅行村にはアスレティック遊具、名物のロング滑り台(50メートル)、ゴーカート(1周100円)、水遊びができる「ちゃぷちゃぷ公園」など子供も楽しめます。また、わんぱくの森は、遊歩道も整備されていて森林浴やハイキングにも最適です。

cococamp0421_14.jpg

cococamp0421_13.jpg

いいコトその4「夕日が綺麗」

熊石青少年旅行村の近くにある鮎川海岸から奥尻島を背景に日本海へ沈んでゆく夕日が見事です!

鮎川海岸2.jpg

以上、八雲町「熊石青少年旅行村」周辺の魅力をご紹介しました。

なお、一般的な食材や飲料などは、会場から車で約5分のセイコーマート、または約30分の八雲町市街地や江差町にあるスーパーやコンビニエンスストアで買ってからお越し頂くことをおすすめします。

h1.png

ここキャン北海道は道内のキャンプ場で、各地の魅力を五感で感じながら楽しむ1泊2日のキャンプ企画です。北海道の自然に身をゆだね、藤村Dとゆったりとしたキャンプをお楽しみいただきます。参加者には特製グッズや地元の食材などもプレゼント。北海道の食を味わい、星空を見上げ、焚火を囲んで語り合う。全国各地から北の大地に集った仲間が作り上げる充実した時間…。

会場ではここキャン北海道オリジナルキャンプギアなどの販売も行います。

詳しくはここキャンのHPをご覧ください。

ここキャン北海道WEBサイト

https://www.htb.co.jp/cococamphokkaido/

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!