札幌でスキーしないのもったいないですよ、と言われて さっぽろ単身日記

スキーは20年ぶりだった。

 

「札幌スキーをしないなんてもったいないですよ」

 

単身赴任を始めて最初の冬を迎えた日曜日、同僚のKさんの悪魔のささやきに誘われて市内にあるBスキー場に向かった

Kさんは北大山スキー部のOB。毎年、Bスキー場のシーズン券を購入し、ロッジのロッカーを長期契約して板とブーツを預けまるで自分の庭のようにスキーライフを満喫している強者だ。

 

こまでやるか

 

呆れ気味に聞いていた私も年後Kさんと全く同じことをやるとは、そのときは夢にも思わなかった。

 

新潟の豪雪地帯で育った私にとってスキーは身近な存在だった体育の授業でもやっていたし、学生時代は夜中に車を走らせて朝から夜まで滑ったこともある。ただ、社会人になってからはほとんどやらなくなった。20年前に家族と野沢温泉スキー場に行ったので、それ以来になる

 

円山公園駅前のバスターミナルから路線バスで15分。あっという間にゲレンデに着いた人口200万の大都市にいながら通勤感覚でスキーができるとは。なるほど悪魔のささやきにも納得だ

Bスキー場は有名なニセコや札幌国際とは違って、いかにも地元のゲレンデっていう感じ。新潟の実家近くのスキー場雰囲気が似ている。さすがに広瀬香美の曲はかかっていなかったが。

 

板もブーツも持っていないので借りることに。ウェアはいつもの冬山登山の格好でいいだろうレンタルショップに並ぶブーツは昔とそれほど変わっていないようだ。ただ、太く短くなっている

これが、カービングってやつか。

 

かつてスキー板は細くて手を真上に伸ばしたくらいの長さだったカービングでは目の高さが基準なのだという。そういえば、学生時代は車のルーフにキャリアを着けてスキーを運んでいた。いまは車内に収まるのでそんな必要ってことか。

 

足のサイズを申告し、カウンターでブーツを受け取。ベンチに腰掛け靴を脱ぎ、靴下姿になって目の前の黒いスキーブーツを凝視した。

 

さて、どう履くんだっけ。

 

恐る恐るつま先を入れてみた。

足の甲しか入らない

立った方がいいのか。

 

おっとっと

 

腰を上げたとたんに足元が不安定になり、思わず床に手をついてしまった。ブーツのせいで足首が不自然に曲がり、ふくらはぎがつりそうになるこんなところで骨折なんかしたら何を言われるかわからない

 

手伝いましょうか

 

ブーツと格闘しているおやじを見かねただろう若い店員さんが優しく声をかけてくれた。

 

すみません。お願いします。

 

店員さんはブーツのすね部分にあるベロのようなもの(その名の通りタングというらしい)をつかむと、ぐぃっと思い切り前に伸ばした。すると、びっくりするほどブーツの履きが広がった

 

こうすると履きやすいですよ

 

初めから素直に頼れば良かった。

 

ようやく履くことはできたが、とにかく歩きにくい。

スキーブーツってこんなに硬かったっけ?

いきなりマジンガーゼットになったような気分だ。

 

板をかついでよろよろと歩き、なんとかリフト乗り場近くまでたどついた。

板を雪の上に降ろし、ビンディングにブーツのつま先をはめる。そのまま、かかと思い切踏み込んだ。

カチッ心地よい感触が足に伝わる。

 

これだ。

 

雪と一体となる瞬間だった

 

20年前の感覚がよみがえる。

不安が一瞬で消え、ワクワク感に変わった。

 

よし、滑るぞ。

 

これがすべての始まりだった。

(続く)

1

この記事を書いたのは

山崎 靖

朝日新聞記者、社員
姫路支局、宇治支局、大阪社会部、東京社会部、神戸総局、仙台総局、名古屋報道センター、社長室、人事部、西部編集局(福岡)などを経て、2021年4月から北海道支社長

人事部時代にキャリアコンサルタント、産業カウンセラーの資格を取得

昭和40年生まれ、新潟県十日町市出身、金沢大学法学部卒業
コラム「新聞の片隅に」
https://www.asahi-afc.jp/features/index/shimbun