sodane

【最新作】大泉洋「娘に恥ずかしい…。」どうでしょう軍団、注目の海外ロケ

2019年暮れから2020年春にかけて6年ぶりの新作「北海道で家、建てます」を放送、その番組内で出演者とディレクター陣が明言した“もう一つの最新作”がいよいよ完成!2020年10月28日(水)~の放送開始が決定!前作から1年も経たずにお披露目となる!

「大泉くん、そろそろ旅に出ようか?」

2017年正月に撮影が始まり、2020年初頭に予想外のサプライズで幕を閉じるという番組史上かつてない最長ロケとなった北海道・赤平市での「水曜どうでしょうハウス」建設企画。

そして実はその合間を縫う形で行われていたのが今回の【海外ロケ編】である。

2018年7月29日、ミスターこと鈴井貴之と大泉洋が所属するクリエイティブオフィスキュー主催のイベント『CUE DREAM JAM-BOREE』最終日に、番組ディレクターの藤村忠寿と嬉野雅道が生中継でサプライズ出演。

その際、藤村Dの口から「大泉くん、そろそろ旅に出ようか?」と突然告げられる…。

そして発表からわずか3日後の8月1日。

(懐かしい)平岸高台HTB旧社屋の裏口玄関に、「どうでしょう軍団」4人の姿があった。

photo01.jpg
左から鈴井貴之、大泉洋(2018年8月1日 早朝 HTB旧社屋裏口にて)


出発当日の朝、大泉さんはカメラが回るやいきなりぼやく。「いいかい?藤村くん」と。

「僕はねぇ、いまや7歳の娘を持つ45歳の父親ですよ。その父親が娘に“明日からどこに行くの?”と聞かれて

“どこに行くか、パパは知らない”と…。これは恥ずかしい。」

そしてその後、仕掛け人の一人であるミスターの口から、今回の行き先と企画趣旨について静かに語られ始めた。

「番組が存続する上で、忘れてはいけない大切なことが一つある。」

前作で「迷走中だ」と高らかに宣言した「どうでしょう軍団」が立て続けに放つ最新作。

“久しぶりに4人だけで旅に出たらしい”という噂がネット上で独り歩きし、行き先や企画内容に関しファンの間で様々な憶測を呼んだ注目の海外ロケ、果たしてその行き先は?

そして歳を重ねた4人は、一体どんな旅を見せてくれるのか?

photo02.jpg
左から鈴井貴之、大泉洋(2018年8月1日 早朝 HTB旧社屋裏口にて)

カメラ担当・嬉野Dからのメッセージ

みなさんこんにちは。嬉野です。さて、昨年に続き今年も水曜どうでしょうは、秋に最新作を公開します。お待ちかねの今年の最新作は7年ぶりの海外旅企画です。それも久々のどうでしょう班4人だけの旅です。水曜どうでしょうが同行スタッフを連れずに4人だけで旅をするのは実に12年ぶりのことです。いったいどんな旅になったのでしょうか。

昨年末から、11週に渡って公開された新作「北海道で家、建てます」は、撮影開始から公開まで3年もの時間が費やされるという異例の取り組みとなりました。

番組冒頭では、いきなりチーフディレクターが「正直、迷走してます」と、普通なら視聴者に聞かれないところでこっそり打ち明けるであろう内情を、カメラが回っている前で言い放つものだから「水曜どうでしょうのエンジン」を自認する大泉洋も度肝を抜かれて言葉を失うという、テレビバラエティー史上見たことのない幕開けとなり、その3年後のラストシーンでは、どうでしょうハウス完成披露に招かれた大泉洋が「実は自分が作ったどうでしょうハウスは2年も前に雪の重みで崩壊していた」と、VTRで真相を知らされ、またまた驚愕、最後の最後まで自分の想像を超えてくる展開に何を信じて良いのか分からなくなった大泉が「水曜どうでしょうは、怖い!」と怯えながら終わるという奇跡的名作となりましたが、今回の最新作は、まさにその雪の重みで水曜どうでしょうハウスが崩壊した半年後の夏にスタートさせた旅企画です。旅に向かう途中「ところで藤村くん、あの企画はどうなってるんだ」と、撮影開始から1年半も経つのに未だに完成しないツリーハウス企画のその後を気にする大泉洋に全員で口裏を合わせて「もう完成しました」とうそをつき、はぐらかし続けた旅でしたが、そんな久々の旅ロケの印象を、大泉洋は前作の「北海道で家、建てます」も手ごたえのないロケだったが「あの旅はもっと手ごたえがなかった」と振り返ります。しかし、そんな旅へ出たのは2年も前、2018年のことです。どうでしょう班4人全員、自分たちがどんな旅をしてきたのか、もはや誰も覚えてはいない。はたして迷走ぶりは重症化しているのか、それは見てのお楽しみ。でも、番組開始から24年経った今でも、水曜どうでしょうは、4人だけで旅をすると、やっぱりどこか懐かしい、いつか見た水曜どうでしょうの風景になるんだなぁと、今回の最新作を見て、あなたは感じるのかもしれません。いずれにしても、お楽しみに。

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!