sodane

北海道の銘菓をお得に『お取り寄せ』チーズのセットもすごい!

"北海道地チーズ"&北海道の牛乳を使った全国の甘味をお取り寄せ

長く続く新型コロナの影響により、外出自粛や旅行自粛に伴う外食の機会やお土産購入の機会が激減。

実は業務用牛乳・乳製品の需要減少が続いています。

そこで立ち上がったのが【MILKLAND HOKKAIDO 菓子フェス OTORIYOSE】です。

~全国の銘菓と、北海道のミルクの、おいしい関係。~

北海道産牛乳・乳製品を使用した全国のお菓子セットが4種類、さらに”北海道の地チーズ”のセット3種類がお取り寄せできます。

北海道の企業はさることながら、全国でも有名なご当地銘菓も北海道産の牛乳や乳製品などを使っていることが実感できます。北海道民としては誇らしい!

まず、ピックアップするのは『全国銘菓Ⓐセット』 先着500セットは11,480円 (通常価格11,980円)

おとりよせ1.jpg

〈商品内容〉
ISHIYA:白い恋人 12枚入 ホワイト/なまらバターバウム TSUMUGI(つむぎ)/
札幌農学校:北海道ミルククッキー札幌農学校12枚入/
柳月:三方六(小割)/あんバタサン/
<兵庫>トーラク:神戸プリン4個入り/
<京都>京都祇園あのん:あんぽーね(粒5個入)/
<大分>ざびえる本舗ざびえる6個入/
<広島>藤い屋:もみじまんじゅう(カスタードクリーム、チョコ)/
<福岡>千鳥饅頭総本舗:チロリアン詰め合わせ/
<広島>島ごころ:瀬戸田レモンケーキ3個入

北海道からは・・・
ご存知、白い恋人に『なまら』おいしいバウムクーヘン、
ミルクをたっぷりつかったくちどけのよいミルククッキーに
オホーツクの塩でほんのり塩気を効かせたあんバタークリーム入りのサブレサンド。
『小割』になったバウムクーヘン。

京都からは十勝産の小豆と北海道産のマスカルポーネチーズを使ったクリームを挟む
最中、あんぽーね。
神戸からはプリン。
広島からはもみじまんじゅうにレモンケーキ。
博多銘菓のサクッとしたロールクッキーに
大分からは和洋折衷の焼き菓子が入りました。

1箱で全国を旅した気分になりますね。


一方、チーズは北海道の地チーズをセットで。

北海道地チーズとは、先人が築いた伝統と作り手の創意工夫、
風土を生かした製法で、多様に進化してきた北海道のナチュラルチーズ。
世界的にも評価を受けるナチュラルチーズのニューウェーブのこと。

北海道地チーズバラエティセット【限定60セット】は 4,000円。

おとりよせち.jpg

〈商品内容〉
中標津町)JA中標津 なかしべつ乳製品工場:なかしべつなめらかクリームチーズ/
安平町)プロセスグループ夢民舎:スモークカマンベールはやきた/
富良野市)ふらの農産公社:ふらのチーズホワイト/
長沼町)長沼あいす:カチョカバロチッコロ/
伊達市)牧家:かけるチーズソース「カンコワイヨット」

中標津産の生乳を使ったなめらかな味わい。羅臼産の海洋深層水で作った塩、【ラウシップ】を使用したクリームチーズに

日本初のチーズ工場が誕生した町で作られていて、
一番おいしい時期にスモークして出荷しているので香り豊かなカマンベールチーズ。

富良野からはスライスしてトーストにも使えるクリーム分を多くした滑らかなセミハードタイプ。

フライパンで焼いたり、電子レンジで加熱しても使えます!焼いて食べるカチョカバロチーズを食べやすいミニサイズで。

夏のチーズフォンデュといわれる【カンコワイヨット】。
ディップソースにしたり、トーストやハンバーグなどにかけて手軽にチーズ料理を楽しめますよ。


おうち時間を少しでも楽しい時間に・・・。
北海道産牛乳・乳製品の美味しさを改めて実感できそう。

【MILKLAND HOKKAIDO 菓子フェス OTORIYOSE】
2021年6月16日(水)~9月15日(水)(予定)
※現在は第一弾!1ヶ月ごとに商品をリニューアル予定
詳しくは https://kashifes-otoriyose.com/

■出品社・ブランド一覧(順不同)
【お菓子】
<北海道>ISHIYA、札幌農学校、ショコラティエ マサール、壺屋総本店、柳月
<青森>ラグノオささき
<京都>京都祇園あのん
<兵庫>トーラク
<広島>島ごころ、藤い屋
<福岡>千鳥饅頭総本舗
<大分>ざびえる本舗

【チーズ】※すべて北海道
JA中標津 なかしべつ乳製品工場、
プロセスグループ夢民舎、
ふらの農産公社、
長沼あいす、
牧家、
十勝野フロマージュ、
NEEDS、
鶴居村振興公社「酪楽館」、
冨田ファーム、
黒松内町特産物手づくり加工センター トワ・ヴェール、
おおともチーズ工房、
ひがしもこと乳酪館、
新札幌乳業、
ニセコチーズ工房、
あしょろチーズ工房

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!