sodane

<生きることに不器用な仲間>が描いた「W-KEYAKI FES」ーー櫻坂46・日向坂46の互いの表情と「共生」のメッセージ

櫻坂46と日向坂46は、本日7月11日『W-KEYAKI FES.2021 Day3』を富士急ハイランドコニファーフォレストにて開催した。7月9日から始まった同イベント。初日は櫻坂46(以下櫻坂)、二日目は日向坂46(以下日向坂)による単独公演となっており、互いに改名後としては初めて富士急の地を踏んだ。そして本日は、それぞれの道を歩んで来た二組による、まさかの合同ライヴーー予想不能の1日は、両グループが並び立つことで、それぞれが育んできた独自の色と、根底に光る共通のメッセージが浮き彫りとなる時間となった。

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0032.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

「46」人が並び立つステージ

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0024.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

櫻坂・菅井友香と日向坂・佐々木久美、両キャプテンの影ナレの後、荘厳なBGMに乗せて、両グループそれぞれのメンバーが登場。日向坂の小坂菜緒が残念ながら不在ということもあり、偶然にも「46」人という象徴的な人数がステージに並び立った。キャプテンの2人を中心に今日の意気込みを交わし合うと、ここからは互いに楽曲を披露し合う流れでステージは進んだ。

あるがまま「生きていく」ことを肯定する櫻坂46

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0023.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

櫻坂は初日に続き、ほぼリリース楽曲のすべてを披露する形となった。改名後、森田ひかる、山﨑天、藤吉夏鈴という表情の異なる3名を中心に据えて描かれる楽曲の数々は、あるがままに生きる人間の姿を多様な形で伸び伸びと描く。最新シングル『BAN』から披露された楽曲だけにフォーカスしても、それは浮き彫りとなっていた。森田がセンターを務める“BAN”は、「失敗」という他者からの烙印など関係ないという自己肯定を、山﨑がセンターを務める“思ったよりも寂しくない”は「孤独」はあくまで幸せの過程であると説き、貴方の現在地への肯定を語る。そして、藤吉がセンターを務める“偶然の答え”は、誰しもが持つ数奇な恋や出会いに潜む「運命」への肯定を歌い上げた。

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0028.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

在りし日の欅坂46が持っていた強烈な反抗や叫びとは異なり、櫻坂の楽曲の数々には、等身大かつ、あるがままの姿で「生きていく」というテーマが流れていた。白を基調とした衣装に身を包み、すべての楽曲において何処か柔和なしなやかさを携えたパフォーマンスは、血液の循環を描くかのように生命力に溢れていた。キャプテンの菅井は「リスタートだからこそ、痛みを共有しながら生きることについて歌っていけるグループになっていきたいな、って最近凄く思ってます」と話していたが、この言葉をまさに体現する姿だったと言っていいだろう。まだ改名後からリリース楽曲も少なく、これからの彼女たちが「生きる」未来に期待が高鳴った。

ハッピーオーラの先へ、優しく貴方の背を押す日向坂46

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0027.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

日向坂は、怒涛のキラーチューンの数々に加え、彼女たちが改名後に見つけたグループとしての強いメッセージを真摯に届けるセットリストを届けた。“キュン”・“ドレミソラシド”・“ソンナコトナイヨ”・“アザトカワイイ”・"君しか勝たん”といったリードトラック群は、楽曲の持つ底抜けのポップネスと共に、客席にときめきと笑顔を生み出す。そして、“膨大な夢に押し潰されて”・“青春の馬”と続けて披露したタームでは、彼女たちが「ひらがなけやき」の頃から掲げていたハッピーオーラというテーマの先に見つけた、誰かの背中を押していきたいという想いが強く発信されていた。しっかりと、日向坂は日向坂らしく、ステージに立っていたことが、ここだけでも明白である。

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0031.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

キャプテンの久美は菅井と交わす言葉の中で、「3年前にこのステージに立たせて頂いた時は、<出させて頂いてる>って気持ちでやってた」と語った。その分の想いもあったのであろう、最終盤に届けられた“誰よりも高く跳べ!2020”で見せた姿はまさに圧巻。「欅共和国」時代には、数曲の出演しか叶わなかった過去を完全に払拭するような、圧倒的なこの日の熱狂的なピークを生み出していた。
「ひらがなけやき」時代から欅坂46とは一線を画し、ハッピーオーラと泥臭い反骨精神を持って進んできた彼女たち。培ってきた強さを、懐の深い「優しさ」に変えて多幸空間を生み出し続けている。加藤史帆という、シリアスな姿から底抜けの笑顔まで、コロコロと豊かに表情を変える日向坂らしいセンターを携えた彼女たちの快進撃は間違いなく続くだろう。そう断言できる、圧倒的なライヴの強度だった。

違う姿の根底に流れる「共生」の想い

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0026.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

まったく違う姿をみせた両グループだったが、同じように流れているものもある。櫻坂ファンの総称ともなっている“Buddies”では、歌詞の通り互いに<buddies>として、オーディエンスと共に未来へ歩んでいきたい意思を描いていた。そして、日向坂の象徴的楽曲ともなっている“JOYFUL LOVE” では、日向坂ファンの「おひさま」と櫻坂ファンの「Buddies」が共に客席に虹を架けた美しい光景も含め、互いに幸せを共有していく姿を見せた。

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0030.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

しなやかで自然体に生きる姿を見せることで感情を分け合う櫻坂と、純粋無垢なハッピーオーラを携えて観客の背中を押すパワーを持った日向坂ーー両グループともに、オーディエンスと「共生」していくグループであることは一緒だろう。1本の「欅」から生まれた両グループが、こうして生き生きと旅を続けていること自体がその証明のようだ。

<生きることに不器用な仲間>が描いた未来

ラスト、両グループによって披露された「W-KEYAKIZAKAの詩」には<生きることに不器用な仲間>という歌詞が綴られている。その言葉の通り、共に一言では表しようがない困難な道程を経て、今日という現在地に立った彼女達。辿ってきたストーリーそのものが楽曲に滲み出る両者は、アイドルという枠を超えて、間違いなくアーティストとして今の時代に生きている存在であるということを再認識する夜だった。両グループ共に発表された、秋のアリーナツアーにも期待したい。

W-KEYAKI FES.2021 DAY3-0025.png

W-KEYAKI FES.2021 DAY3 [撮影:上山陽介]

W-KEYAKI FES.2021 Day3 at 富士急ハイランド・コニファーフォレスト セットリスト

OPENING

1. それが愛なのね(櫻坂46)

2. なぜ 恋をして来なかったんだろう?(櫻坂46)

- MC -

3. ソンナコトナイヨ(日向坂46)

4. ドレミソラシド(日向坂46)

- MC -

5. 君と僕と洗濯物(櫻坂46)

6. Plastic regret(櫻坂46)

- MC -

7. キュン(日向坂46)

8. アザトカワイイ(日向坂46)

- MC -

9. 偶然の答え(櫻坂46)

10. 半信半疑(櫻坂46)

- MC -

11. 膨大な夢に押し潰されて(日向坂46)

12. 青春の馬(日向坂46)

- MC -

13. ブルームーンキス(櫻坂46)

14. 思ったよりも寂しくない(櫻坂46)

- MC -

15. JOYFUL LOVE(日向坂46)

16. 君しか勝たん(日向坂46)

- MC -

17. Nobody’s fault(櫻坂46)

18. キツネ(日向坂46)

19. Buddies(櫻坂46)

20. NO WAR in the future 2020(日向坂46)

21. BAN(櫻坂46)

22. 誰よりも高く跳べ!2020(日向坂46)

- MC -

23. W-KEYAKIZAKAの詩(櫻坂46・日向坂46)

櫻坂46 最新公演情報

櫻坂46 全国アリーナツアー2021

2021年9月11日(土)・12日(日) 福岡県・西日本総合展示場
2021年9月19日(日)・20日(月) 愛知県・愛知県国際展示場(AICHI SKY EXPO)
2021年10月9日(土)・10日(日) 大阪府・丸善インテックアリーナ
日程場所未定 東京公演 後日発表予定

櫻坂46 OFFICIAL WEBSITE

櫻坂46 OFFICIAL Twitter

日向坂46 最新公演情報

日向坂46 全国アリーナツアー2021

2021年9月15日(水)・16日(木) 広島県・広島グリーンアリーナ
2021年9月26日(日)・27日(月) 福岡県・マリンメッセ福岡
2021年9月29日(水)・30日(木) 大阪府・大阪城ホール
2021年10月7日(木)・8日(金) 宮城県・セキスイハイムスーパーアリーナ
2021年10月13日(水)・14日(木)・15日(金) 東京都・東京ガーデンシアター
2021年10月19日(火)・20日(水) 愛知県・日本ガイシホール

日向坂46 オフィシャルサイト

日向坂46 オフィシャルTwitter

1

この記事を書いたのは

黒澤圭介

音専誌『MUSICA』/MASH A&Rなどを経て、現在は札幌在住。某メディアに所属しつつ、ライターも気ままに継続中。
音楽・映画(特にSF)・小説・珈琲・特定のラジオを好みます。
情報発信はこちらより。