藤村Dと一緒にキャンプ!!「ここキャン北海道」がいよいよスタートします!集え! 道内5か所のキャンプ場でアウトドアを楽しもう!

いま、キャンプがおもしろい

密にならない、すがすがしい気分が味わえると人気の『キャンプ』。そんなキャンプを様々な『いいコト』が楽しめる『ここキャン』で楽しみませんか?

ここキャン北海道は道内のキャンプ場で、各地の魅力を五感で感じながら楽しむ12日のキャンプ企画です。北海道の自然に身をゆだね、藤村Dとゆったりとしたキャンプをお楽しみいただきます。参加者には特製グッズや地元の食材などもプレゼント。北海道の食を味わい、星空を見上げ、焚火を囲んで語り合う。全国各地から北の大地に集った仲間が作り上げる充実した時間

会場では”ここキャン北海道”オリジナルキャンプギアなどの販売も行います。

詳しくは・・・ここキャン北海道WEBサイト https://www.htb.co.jp/cococamphokkaido/

どんなところでキャンプ?

スタッフは46日に第1回の会場となる新篠津村のしのつ公園キャンプ場の下見にいってきました。

まだ雪の残るキャンプ場…来月にはここから”ここキャン”がスタートします!

sin1.jpg

ということでしのつ公園キャンプ場の魅力をご紹介。

しのつ公園キャンプ場がある新篠津村は札幌の北東にある石狩地方唯一の村です。HTBがある創世スクエアからは車で40分で着きました。道外からのアクセスは新千歳空港から車で1時間10分、小樽、苫小牧のフェリーターミナルからは高速を使って1時間20分程度の札幌近郊で人気のファミリーキャンプ場です。

いいコトその1:温泉を堪能!

しのつ公園キャンプ場には「しんしのつ温泉たっぷの湯」が併設されています。

たっぷの湯のご協力で新篠津村でのここキャン参加者はチェックインからチェックアウトまで何度でもたっぷの湯に無料で入れます。温泉は午前6時から午後10(受付は午後930)までなので、夕食の後に汗を流すもよし!朝風呂を楽しむのもよし!キャンプと温泉両方楽しみましょう!!

sin2.jpg

いいコトその2:お手軽キャンプ!?

しのつ公園キャンプ場にはしんしのつ産直市場もあります。北海道の食材を選んでキャンプの食材にするのはいかがでしょう?

sin3.jpg

たっぷの湯にはなんと肉の自販機も!

sin4.jpg

sin5.jpg

さらにたっぷの湯の中にある大地のテラス縁(えにし)ではバーベキューの食材も販売しています。大地のテラス縁では屋外バーベキューもできるので、夕食は縁で北海道の食を楽しむお手軽キャンプもできますよ~

とはいえキャンプは自炊でしょ!という方におすすめはホクレンショップ新しのつ店。キャンプ場から車で3分のお店には北海道の食材も地酒やビールも販売しています。ホクレンショップで食材を買ってここキャンにGO

いいコトその3:キャンプファイヤー!

しのつ公園キャンプ場では焚火は基本NGですが、今回は特別にここキャン貸し切りエリアに限りキャンプファイヤーのOKがもらえました。

しのつ公園キャンプ場に薪を提供してもらいますので、参加者みんなでキャンプの定番キャンプファイヤーを楽しみましょう!

雨や強風にならないことを祈りつつ…てるてる坊主でも作りますかね?!

いいコトその4:釣り

しのつ公園キャンプ場の隣にはしのつ湖があります。冬場に氷を割って楽しむワカサギ釣りで有名なしのつ湖ですが、氷が張っていない時季にも釣りが楽しめます。ウグイやフナ、ソウギョなどが釣れるそうです。竿は1000(税込)で販売していて、仕掛けとエサもついていますので、手ぶらで釣りが楽しめます。エサはなんとトウモロコシ!釣りは楽しそうだけどエサを付けるのが苦手という人にもおすすめです!

しのつ公園キャンプ場で”釣り対決”してみませんか?

新篠津村のほか、赤平市:八雲町:沼田町:中札内村などでも開催決定!

ここキャン北海道WEBサイト https://www.htb.co.jp/cococamphokkaido/

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!