sodane

石沢綾子アナ卒業。寄せられた視聴者コメントに涙…。

HTBの朝番組、イチモニ!のアンケート企画「イチモニQuestion?」

本日で石沢アナがイチモニ!を卒業。
本日はイチオシ!出演者勢揃いの中でのコールでした。
Qは、「石沢綾子に贈る言葉は?」選択肢は以下です。

1・ありがとう!
2・お疲れさま!
3・お幸せに!
4・辞めないで〜!

今朝は番組スタートからなにかのきっかけで出演者から涙が出てきそうな展開。

さて、本日の結果です!

0828.png

過去最高を大幅に上回る16854票!!たくさんのご応募、誠にありがとうございました!早速一部のコメントをご紹介します。

1位 お幸せに!

☆中富良野町・60代女性
「本音は辞めないで~!の気持ちですが、最愛の旦那様とどうぞお幸せに!長い間本当にお疲れ様でした!
 道民に元気をありがとう! 全ての気持ちが石沢アナに届くといいな~!!」
☆札幌市・40代女性
「寂しいです…特に夫は大ファンで普段起きられない時間なのにきょうはテレビに張り付いています(笑) 
 温かく拍手で送り出したい気持ちでいっぱいです!どうぞお幸せに!」

2位 ありがとう!

☆札幌市・30代女性
「石沢さんの笑顔は我が家の目覚まし時計でした!北海道を離れてもどうぞお元気で!」
☆札幌市・40代女性
「毎日毎朝、石沢さんと一緒に一日が始まる。それも今日で終わるかと思うと涙が・・・
 でも石沢さんの幸せを祈って、本当にありがとう!」

3位 お疲れさま!

☆北広島市・30代男性
「初めて一人暮らしを始めた7年前、不安な朝を癒やしてくれたのがイチモニでした。
 その時からずっと石沢アナは自分の心の清涼剤でした!お疲れさまでした! 」
☆小樽市・50代女性
「毎朝がんばってきましたね!朝の出勤前の時間が楽しすぎて家を出るのが遅くなることも
 ありました。今まで以上に幸せな時間を過ごしてください!」

4位 辞めないで〜!

☆札幌市・30代男性
「辛い朝、スッキリな朝、どんな朝でも毎日元気をもらっていました!
 同世代として応援していましたよ!きょうは出勤時間遅らせて全部見ます!」
☆恵庭市・40代女性
「本当は全部!毎朝、石沢さんの笑顔と元気に頑張る姿で『1日頑張ろう!』と思いました!」



スタジオでは寄せられたコメントを読み上げる室岡アナが涙で言葉をつまらせる場面が。
石沢アナも涙ぐみます。
「イチモニQestion」はまだまだ続きますので来週以降もご参加ください!」…と涙まじりの笑顔で本日のコーナーを締めくくる石沢アナでした。

どうかこれからもみなさまの毎朝がHappyでありますように。

CMあけで卒業のコーナーがはじまります。
石沢アナに渡す花束を手に、顔が涙でくしゃくしゃな大野アナ。

「…きょうが…来なければいいのにとずっと思っていました…」

と言葉をぼりだします。

大野アナ(涙声で)「昨日も眠れませんでした…」

石沢アナ(涙を浮かべて笑いながら「そういう顔してるよ!うん!」

大野アナ(涙声で)「何を言おうかって…ずっと考えていたのに…」

石沢アナ「うん!ありがとう!伝わるよ!」

大野アナ(涙声で)「ほんとに良く頑張って…ありがとう…」

涙が止まらない大野アナから花束を受け取った石沢アナ。

カメラに向かって最後のコメントです。

「こんなに盛大におくりだしてもらえるなんて。」

「普通の会社員なのにこんなことしてもらえるなんてどうかなあ…って思っていたんですけど…。」

「退社を発表してからいろんな方に『ありがとう』『朝元気をもらっている」という声をたくさんかけて頂いて…」

「でも元気をもらっていたのは私の方で…。」

「北海道に暮らす皆さんに12年半にわたり情報をお伝えできたことは私の人生にとって最高の誇りです。」

「これからは北海道を離れますが、どうかこれからもみなさまの毎朝がHappyでありますように。」

「そしてそのそばにイチモニ!があったら本当に嬉しく思います!」

「ありがとうございました!!」

imgpixta_65005757_L.jpg

スタジオで拍手が入ったところで、画面は本日の「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替わりました。
スタジオが盛り上がったこともあり、最後はいわゆる「おしまくり」、時間ギリギリの展開です。
北海道のとある放送局のとある番組のとある日でしたが、皆様のご参加も本日の番組の大切な一部です。

本日も、ご参加ありがとうございました。

イチモニのオンエア連携アンケート企画「イチモニ!Question」は日曜日を除く毎朝、イチモニ!内で実施しています。あなたも是非、ご参加ください
(※ご参加には「HTBonちゃんアプリ」(無料)が必要です。)

question.jpg

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。