sodane

”夏の甲子園”が虫に食われた!? 『農業、はじめました。』 【#イチモニ農園 第三弾】

”夏の甲子園”がピンチ!?

新人アナウンサーの田口彩夏さんが仲間に加わり、コマツナの種をまいた前回。

最初に植えたナスとトウモロコシはすくすくと成長し、新たにブロッコリーとキャベツの苗も植え、賑やかになってきたイチモニ農園。

あれから・・・イチモニ農園を見に行くと。

福田太郎アナ『ナスがすごいことになってます!こんなに大きくなるんですね!』

太郎さんが苗を植えてから およそ2か月。 立派に成長したこのナス。

nasu.PNG

お世話になっている農家の今村さん『ここまで来たら、もう収穫です。』

気温が高い日が続く今年。ナスの成長も早いそうです。

しかし、雨がしばらく降っていないこともあって、 心配なのは種から育てた野菜たち。

太郎アナ『ブロッコリーとキャベツ・・・生き延びてる!安心しました。』

そして、 もうひとつ心配なのが・・・ 田口アナが植えたコマツナ「夏の甲子園」。

nekiri.PNG

育ってはいたのですが、ネキリムシに・・・。 暑さに強い「夏の甲子園」ですが、虫には勝つことができず。 4分の1ほど根から食べられてしまいました。

さて気持ちを切り替えて、水やりです。

natunokousien.PNG

多すぎるくらいたっぷりと水をまいてこの日は終了。

次の日も・・・また農園にやってきた太郎さん。

太郎アナ『できるだけ栄養がいくように雑草抜き!』

この日は草むしり。少し地味ですが、これも大事な作業です。 すっかりと パラレルノーカー気分の太郎さん。 続く真夏日。たっぷりと水をあげ、野菜たちの成長を祈ります。そして、この日は! 田口さんも農園のお世話にやってきました。 やはり気になるのは・・・ 夏の甲子園!

田口さんが種をまいてからおよそ20日。 少し虫に食べられてしまったものの、 すくすくと成長した「夏の甲子園」。 収穫まであと少し。たっぷりと水をあげます。

そして、順調だったあのトウモロコシも 太陽の光をいっぱい浴びてぐんぐんと成長。 さらに、ある変化が・・・

mabikuャ.PNG

今村さん『実がついてきたのですが、1番、2番、実に栄養を集中させるために2番を間引きます。 ヤングコーンとして食べられます』

田口アナ『ヤングコーンってトウモロコシを間引いたもの?知らなかった。』

ということで早速! 皮をむいてみると・・・ 採れたて新鮮なうちは 生でも食べられるという事なので!

田口アナ『やさしい甘み!』

とってすぐたべられるのは収穫後すぐだけ! 他のトウモロコシの株も 間引いたら、しっかりと水やり。 順調にいけば、いよいよ来月。トウモロコシの収穫です。

morokosi.PNG

農園ではしばらくぶりに昼過ぎから夕方にかけて雨が降った。農家の今村さんは「久しぶりに雨が降ってホッとしている。 まさに恵みの雨」とおっしゃっていました。

JAグループ北海道では 「パラレルノーカー」という提案を行っています。 農業になじみのない方でも、 気軽に参加できるしくみなん。 特設サイトから応募し、 求人する農家さんとマッチングすることで 会社員など、他の職業で働いている方でも、 1日単位で農業に参加ができる取り組みなんです。

https://ja-dosanko.jp/action/

詳しくはJAグループ北海道のホームページからAGRIACTION!HOKKAIDO (アグリアクションほっかいどう) まで。

(イチモニ!で放送されました)

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!