続々オープン【札幌】の新店 大阪で人気の”わらびもち”専門店が初登場 飲める?わらびもちとは?

札幌に続々登場している新店。今回は2店をご紹介!

全国展開のわらびもち専門店が北海道初上陸!

大阪を中心に全国60店舗以上を展開しているわらびもち”専門店、“とろり天使のわらびもち”が北海道に初上陸!

warabi1.png

こちらで販売しているのは通常のわらび餅とは違った“生”わらびもち。口の中に入れた瞬間に溶けていくような柔らかさのわらび餅になっています!

看板メニューの【とろとろ生わらびもち】

warabi2.png

今にも崩れそうなこの柔らかさ、普通とは違いますよね~。

そもそも わらびもちは山菜のワラビの根から採れたデンプン粉が原料なのですが・・・このわらび粉にヒミツが。原料にとてもこだわっていて、10㎏の本わらびの根からわずか70gしか取れない希少な本わらび粉を使用しているそうです。

さらに最高級のわらび粉を使用するだけでなく材料の配合や炊き方など試行錯誤を重ねて究極の柔らかさとなったんです。

大きな一口でいったとしてもすぐに溶けちゃう、飲めちゃうわらびもち。実は”飲み物”そのものもあるんです。『“飲むわらびもち”』!

warabi3.png


看板メニューのとろとろ生わらびもちを下にミルクを入れ、次に抹茶フォーム氷を入れた後に、生クリームをトッピング最後に抹茶パウダーをかけたら「飲む」わらびもちの完成。とことん柔らかさにこだわったからこそ「飲めちゃう」わらびもち。

大阪の本店でアルバイトをしていた女子高生のトロトロすぎてストローで飲めるのでは?というヒトコトから商品化されたそうなんです!やっぱり抹茶とわらび餅がほんとうに合います。

今年道内初上陸した〔とろりてんしのわらびもち〕看板メニューのとろとろ生わらびもちと新食感ののむわらび餅お土産や頑張ったご褒美としていかがでしょうか?

フレッシュチーズが自慢の新店

続いては 時計台の目の前に先月21日にプレオープンしたHello,New Day.(ハローニューデイ)。お惣菜や食品を販売しています。制作過程も見ることができるようになっている、併設された工房で作るフレッシュチーズが自慢で、ミルクやチーズを使った商品を中心にテイクアウトできます。

中でもオススメは店内で仕込んだモッツアレラチーズが入ったお総菜です!

new1.png

ひとくちモッツアレラのちょっとカプレーゼ3種類のミニトマトとオリーブオイルがモッツアレラチーズと相性抜群です!

さらにちょっと珍しいのがチェリーモッツアレラとマンゴー。なんと、マンゴーピューレを使ったデザート風のお惣菜も。チーズがとっても新鮮でもっっっちり。モッツアレラチーズってデザート風なのもありなんです。

店内のグロサリーコーナーではミルクやチーズをテーマとした商品のほかにドリップコーヒーやお菓子など様々なジャンルの食料品もズラリと並んでいます!

new2.png

1番のおすすめがお店で作った冷凍のピザ!お店で焼き上げた自家製のピザをお家でも楽しめるように販売をしています。

ここで一工夫。グロサリーコーナーに売っているはちみつをクアトロピザにかけるとチーズとの最高のハーモニーが味わえます!さらに、マルゲリータには燻製にんにくのオリーブオイルとセットがオススメ!一味違った風味になり、やみつきに!

札幌の街の中心部の工房で作られた、自家製の出来立てチーズと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!