低脂肪で話題に・・・代替フードの世界

すぐに痩せないことはわかっているけれど、少し気を付けておきたいのは脂肪の摂りすぎ。

そこで最近話題の低脂肪な代替フードを紹介します。

高タンパク低脂質の健康フード「大豆ミート」を中心に、世界的にもいま大注目の代替肉。
今後は急速に普及が進み、2020年に2500億円だった市場規模は、10年で7倍以上の約1兆9千億円にまで成長するとも。

イトーヨーカドー アリオ札幌店(札幌市東区北7条東9)で見つけたのは大豆のお肉。大豆ミートを使った商品を
16種類販売しています。

スーパーの大豆ミートコーナー.jpg

ダイズラボ 大豆のお肉  100g 95円(日により変動の可能性あり)をはじめ、『大豆ミート』のコーナーができていました。麻婆豆腐にするなど料理にももちろん重宝します。

大豆ミートの広がりはこんなところにも。「ひとり焼肉」ブームの火付け役となった「焼肉ライク」。

焼肉ライク 札幌狸小路店で出されているのはその名も『NEXTカルビ』
NEXTカルビ50g  320円

NEXTカルビ1.0.jpg

味付きカルビを大豆で再現!?その名もネクストカルビ。100%植物性の
原料でできた代替カルビは、通常のカルビに比べ、脂質が半分以下、タンパク質はなんと2倍。提供を始めてから
常に注文は途切れないそうで。


栄養価は高いようですが、気になるのは焼肉特有の食感。大豆であの噛み応えは再現できるのでしょうか?製造メーカーネクストミーツに聞いてみると・・・


NEXT焼肉 カルビ2.0  80g×5個セット  1,950円

でも「代替フード」は、お肉だけじゃあないんです!


NEXTカルビ2.0.jpg

NEXTツナ1.0      5缶セット      1,950円

いいえ、マグロやカツオのツナではありません。100%植物性でできたシーフード、それがネクストツナ。
主な原料は大豆、なので高タンパクの上に、コレステロールはなんとゼロ!

NEXTツナ.jpg

さらに、ネクストミルクもあります。
原料は「オーツ麦」というダイエットフードとして人気の「オートミール」の加工前のもので、さらりとした味わいで、豆乳のような優しい甘みの植物性ミルクです。

NEXTミルク1.0  190ml×15本セット  3,210円

そして、そして近日発売予定なのはネクストエッグ。
商品の形状はまだ公開できませんが、調理済みの状態を見せていただき、スタッフはスクランブルエッグにしてみました。原材料もまだ秘密ですが、佐々木代表からちょっとだけヒントが。『豆類ですね』

NEXTエッグ1.0は近日販売予定。

※商品はネクストミーツのECサイトで購入可能

https://www.nextmeats.co.jp/

代替フードは世界でも開発されています。
それが・・・チーズ。ギリシャのアリビア社が手がける代替チーズの世界的ブランド「ビオライフ」。
いったい何でできているのでしょうか?

■ビオライフ

代替チーズ シュレッドタイプ.jpg

代替チーズで作ったピザトースト.jpg

実はココナッツオイル。世界中で売れに売れている「ビオライフ」の代替チーズですが、
なんと2月9日からは、日本の大手通販サイトで買えるようになるだとか!

細かく刻まれたシュレッドタイプのチーズなら、ピザにも使えます。代替バター「ビオバター」も人気です。

販売会社のHPでは、ビオライフの商品を使ったレシピも公開中。ぜひチェックを! 

さらに大学では研究も・・・

大阪大学 大学院工学研究科の松崎典弥教授が開発したのは培養肉!
牛の肉から取り出した細胞を培養して繊維状に並べます。その繊維を束ねて、3Dプリンターで成形する培養肉の開発に去年成功しました。

培養肉.jpg

プリンターの性能上、いまは5mm角の大きさが限界ですが、将来的にはステーキサイズにもできるとのこと。
ますます、いろいろな”代替フード”に注目が集まっています。

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!