「そば粉入りドーナツ」 まるでサーターアンダギー!足寄町

足寄はこだわり逸品の宝庫!

前回・ご紹介した足寄町の名物は・・・

「究極のシュークリーム」売り切れごめん!足寄

今度もやめられない逸品です。

 足寄町の道の駅には「あしょろ銘店発掘PROJECT」のカードが置かれています。

ぱねるおき.jpgオアンフ.jpg

今回はこの中のNo.14「そば処 丸三真鍋」。夜は、天ぷらなどでお酒を嗜む客も多く、〆はお店自慢の自家製粉そばです。

そばの写真.jpg

そんな蕎麦屋のカウンターで見つけたのが「そば粉入りドーナツ」。そば粉の風味豊かな揚げドーナツです。

「サーターアンダギー風」と説明書きがあります。5個入りで300円(税込)。

ぱっく.jpg わりめん.jpg 

 黒い粒が、視覚に訴える「そば粉」です。店主の真鍋雅美さんにお尋ねすると、もともとは自分たちのおやつとして作っていたそうです。それを45年前から販売しているとのこと。このお店で使うそばは主に中心に近い白い部分で、殻に近い色の濃い部分は使いません。

では、この色の濃い部分は?この部分は蕎麦湯にしたり畑で肥料になったりと有効利用されているそうです。そして、「そば粉入りドーナツ」へも。

そばこ.jpg
挽いたそば粉

「そば粉入りドーナツ」のほか、「そば粉入りスコーン」もあります。

意外な食感とそばの風味を一度、味わってみて下さい。

壁に貼ってあった「ローストポーク丼」も気になりました。是非!

店舗情報

「そば処 丸三真鍋」(まるさん まなべ)

住所:足寄町南2-2-12

電話:01562-5-2644

営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~8時

定休日:月曜日

そば処 丸三真鍋

注意

「ドーナツだけ買いに来てもいいですか?」という問いに店主の真鍋雅美さんは、

「たくさん用意していないので、事前に連絡下さいね。店の状況次第ではちょっと待ってもらうことがあるかも知れませんがご了承ください」とのことでした。

まなべ.jpg

soba.PNG

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!