sodane

札幌の奥座敷 定山渓 朝から満足度高い!子供にもやさしい 章月グランドホテルが変わった!オープンレポート ③お食事~朝食膳~

朝食膳は食事処「暁」                                  

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

北海道の「旬」情報をお届けするフードプランナー森平 和歌子です。

今回は番外編の最終回「番外編③お食事~朝食膳~」です。

ぐっすり眠った翌朝、熱めの温泉に浸かって身体を目覚めさせたら、お待ちかねの朝食です。

sinagakiasa.png

朝食の食事処は昨晩と変わって、明るい陽射しが差し込む「暁」というレストランです。

以前、日帰り昼食付入浴プランで昼食膳をいただいたのも、こちらの食事処でした。

(今はまだリニューアルオープンしたばかりで日帰り昼食付き入浴プランは休止中ですが、2021年6月より再開見込みだそうです。)

朝から凄い品数の御膳です。  

hahubuffe.png

野菜サラダ、前菜、お味噌汁、ドリンク、フルーツ等はお好きなだけ取りにいけるプチバイキング。

身体の内側から元気になれそうな料理長特製のグリーンスムージ、自社農園のぐちファームで栽培されたミニトマトやトマトジュース、手作りドレッシングやう巻きまで、このコーナーだけでも盛り沢山!

sumu-ji.png

席に戻ると、豪華な三段重と一人につき炊き立て土鍋ご飯が!

(画像は三段重をばらした状態です。)

sandann.png

gohann.png 

極めつけは、道産ホタテ茶碗蒸しを料理長がワゴンサービスで提供して下さいます。

餡は岩海苔か山椒醤油の2種類から選べ、村田料理長が気さくに話しかけてくれるので、会話を楽しむこともできます。

ryosivho.png

村田料理長は40年前、章月グランドホテルに入社されたそうで、様々なエピソードを聞くことができました。

夕食膳から朝食膳まで、そして毎日手書する絵付きメニュー。

一体いつ寝ているのだろうかと心配になってしまいますが、ホテルのスタッフの皆様のお陰で快適な滞在を楽しむことができ感謝の気持ちと、お腹がいっぱい!

さらに食後のコーヒー・紅茶・朝のスイーツも楽しめます、ラウンジ「章月倶楽部」へ。

okosamayou.png

朝食膳でもお子様専用プレートを用意して下さいます。

 

「育てるホテル」                      

野口観光ホテルプロフェッショナル学院をご存じでしょうか?

野口観光グループが2018年4月に苫小牧に設立した、北海道から世界に通じる本物の「おもてなし」を教えるホテリエ・調理師を育成する職業訓練校です。

その理念に共感し、私も元ホテリエとして人材育成を通じてホテル業界に恩返しをすべく、創立時から「北海道の食」「接遇」「商品開発」等の授業を担当させていただいています。

学院生は普段から併設されている苫小牧プリンスホテルで現場実習を積んでいますが、年3回グループホテルへ実習にも行きます。

今回、ちょうどその実習の時期に訪れることができ、現場で頑張っている勇姿を見ることができました。

jisshuu.png

村田料理長も学院で講義をしていらっしゃいます。画像は実習にきている総合調理学科2年生。

kougi.png

卒業した一期生・二期生も即戦力として、マスク越しからも伝わる笑顔の素敵なホテリエになっていました。

食材だけではなく、人財まで「北海道」育ちにこだわったホテル。

施設もリニューアルしてますます快適になったので、是非一度訪れてみて下さい。

札幌市民限定 Come to定山渓「どこでもクーポン」                               

外出・往来自粛要請を受け3/27より一時休止となっているお得な宿泊キャンペーン

「定山渓ご宿泊者お一人様3,000円分プレゼント」ですが、新型コロナウィルス感染者の人数が減って、受付が再開されることを願います。

札幌からだと仕事が終わってから向かっても夕食の時間に間に合いますし、移動で疲れないのでちょっとした気分転換やご褒美に、贅沢な時間を過ごすことが出来ます。

【お問合せ先】

<章月グランドホテル>

場  所:〒061-2302北海道札幌市南区定山渓温泉東3-239

電  話:0570-026575

ホームページ:https://www.shogetsugrand.com/

<野口観光ホテルプロフェッショナル学院>

場  所:〒053-0045

北海道苫小牧市双葉町3丁目2番8号新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」併設

電  話:0144-32-9224(入校のお問合せ)

ホームページ:https://noguchi-gakuin.com/

1

この記事を書いたのは

森平和歌子

農業の未来研究所 フードプランナー

全国の生産者のもとへ訪問 
北海道産農産物の魅力を伝える教育にも携わっている

札幌ブライダル&ホテル観光専門学校 講師、
野口観光ホテルプロフェッショナル学院 講師