sodane

昇天!ハンティングサウナ体験記 サウナ野郎パンダリー「ととのう道場」[71]

『北海道ホテル』の「ハンティングサウナ」体験記!

事件は、森の中で起きたっす。

北の殿堂ホテルサウナ『北海道ホテル』の男性サ室がリニューアルされたということで。

熊のお面シカのツノ・"Deer Horn"にロウリュし。自然を崇めながらととのう「ハンティングサウナ」とは一体どんなサ室なのか?!

早速“森のスパリゾート”『北海道ホテル』に行ってきたっす。

142221805_472096600485455_4667013815857165028_n.jpg

さすれば!森を眺めて外気浴をしていたら…。なんとあの“森の妖精”が!全裸でととのうサウナ紳士の前に現れたっす‼パ、パンダリーっす。

kumichipandalee1.png

1セット目 熊ちゃんにロウリュ!

お邪魔したのは平日の早朝朝イチ。すでにサウナ紳士が複数いたっす。でも混んでないっ!早起きは三文の徳ざんす。

まずは体を清めて。モール温泉のジャグジーで下茹で!いやぁ、ブクブクのモール温泉の泡に身を任せるっちゅうのは…十勝ならではのぜいたくっすよねぇ~。わがままボディがうっかりとぅるんとぅるんになるざんす(笑) 

119140272_354591305574334_7477255929590911591_n.jpg

からの、いよいよ「ハンティングサウナ」へ。林克彦“サ長”の話では。ヒーターと天井以外はすべてかえましたからまったく別のサウナになりましたと。

『北海道ホテル』の発汗バツグンなサウナを未体験の方のために。以前のサ室はこちらっす!

119479867_977345972731086_2746047839415011610_n.jpg

37年もの長きに渡り。中でも18年にフィンランド式サウナに生まれ変わってからの3年は。前代未聞の“サンドイッチロウリュ”で。モール温泉を石に「モーリュ」、床に「フローウリュ」、壁に「ウォーリュ」。猛烈に頑張ってくれた板たち!ありがとうございやした!!

さぁ。発汗バツグン、あの熱さと湿度ははたしてそのままなのか?!期待感200%で厚くて熱いサ室の扉を開きやすと…

わっ!ピッカピカっす!!

188465158_4351390928227982_7040198111927491365_n.jpg

建材に採用された木材は「ひのき」。香りも見た目も最高っす~。そして最大の変化はひな壇が3段に!なのに狭さは感じず。むしろ広々とした印象さえあるざんす。ここのサウナーはガチサウナーしかいないし。皆さんマナーがいいので動線は問題ないっす。

そして温度は…安定の85℃!すでにサウナ紳士がお二人ほどがっつり蒸されていやす。

まずは控えめに、壁にある熊ちゃんのお面にウォリュだけ…。

ん~、不思議(笑) 熊ちゃん、これからお世話になりやす~。で。念願の3段目に座りやす。入口背にして右奥のかどっす。

か、変わってない!!あの熱さは一緒っす!湿度はまだやさしめだけどバッチリざんす~。5分ごろにはガンガン発汗。脈拍もRストーンズの『Satisfaction』のピッチだから135!サ室を出やす。

あっつあつのモール温泉で汗カットして。かけ流しの水風呂へ…。

119096008_762687217846733_4210815995448480022_n.jpg

お~、ちょうどいいっす!。きりっとやさしいっ。水温は17℃。札内川の伏流水、ありがたいっすね~。1分冷やされ、外気浴へ。

手前のイスに座りやす。森の緑が深くなってきやしたねぇ。葉が青々と伸びてきたのがわかりやす。で、モール温泉がいい感じで足元に流れてあたためてくれる感触を味わいながら。マイナスイオンを胸いっぱいに吸い込み、ディープリラックス~。

2セット目 シカのツノにロウリュ!!!

“ととのいへの入口”がはやくも垣間見えた1セット目。

2セット目はいよいよ心待ちにしておりやした!前代未聞!日本初「シカのツノ "Deer Horn"にモール温泉でロウリュ」ざんす!

まずはリニューアル前のヒーターはどうだったのか。はい、こちら!

119141809_337414084338330_1519819828011931426_n.jpg

十勝サウナ協議会に加盟するサウナではいまや標準装備!ロウリュ対応仕様の「ストーン台座」の上には十勝の麦飯石がビシッとのっかっておりやす。

で。北海道ホテル林サ長が持っていらっしゃるこのシカのツノ。

IMG_20210525_131255.jpg

なんと。なんと。なんと。この野生のシカのツノが…はい、このように!

186546201_173334417948485_3253432068811045146_n.jpg

ま、マジっすか!?サウナストーンの上に鎮座しているではあ~りませんか!! 

おどろきで心拍数が俄然上がりやして(笑) サ室にはサウナ紳士がお二人ほど。興奮を抑えて「失礼しや~す」とモール温泉でのロウリュ、やらせていただきやす。

まずは熊ちゃんにウォーリュ…

189229770_1471288113263438_511606608943783597_n.jpg

「うぉ~!」という叫びが熊っちの口から聞こえた…ような気がしやす(笑)。

さらに横の壁、床、そしと白樺の木にモーリュ…湿度が上がってきたのが肌でわかるっす。

さぁ、そしていよいよシカのツノにもモーリュ、失礼しやすっ!

186546201_173334417948485_3253432068811045146_n (2).jpg

ジュジュジュ~~~♪

お~、野生の呼び声大地の鼓動が聞こえるっ!?

3段目に座りやして。蒸気をサンドイッチロウリュでいただきやすっ!

日高山脈を駆けるシカの姿を想像しながら。自然に感謝大地に感謝。神聖な気持ちを抱きながら目を閉じやした…。

スクリーンショット (24).png

汗がガンガン流れてきやしたっ!バツグンの発汗力は一緒ざんす~。気持ち長めに。10分がっつり、いただきやした~。

ととのいすぎ?!外気浴中に“森の妖精”が出現!!

そして事件が起きやした。モール温泉で汗カット、からの清流日本一の水風呂で冷やされて。露天風呂のととのいイスに座りやす。足にはモール温泉かけました。ん~いい気持ちっす。鳥たちの歌も聞こえるざんす。

スクリーンショット (26).png

アカゲラっす。北海道ホテルInstagramから引用)

いやぁ、北海道ホテルのととのいスペースは緑が見えるのがいいよねぇ~

と視線を木々の緑に移したら…なんと…マジっすか?

エ、エゾリスちゃん~~~っ!!

リスっちが枝から枝へとジャ~ンプ!!

隣のサウナ紳士も気づいてびっくり!

「リス、ですよね???」

とおっさん二人がフルチンの介、裸のままリスにときめきざわめく…というおそろしい光景が繰り広げられたっす(笑)

ととのいすぎて妖精が現れた…わけではにゃく。北海道ホテルは帯広駅から徒歩15分程度と至便なロケーションにあるにもかかわらず。野鳥やリスも暮らす森の中にあるんすよね~。

2セットで、がっつりととのったっす!

スクリーンショット (25).png

(北海道ホテルInstagramから引用)

この日はさらに2セットいただき、4セット。最高の朝ウナを満喫したっす~。

ヒーター越し.jpg

(サウナの画像はすべて©北海道ホテルっす)

「山小屋でサウナしてる気分!」(ととのえタローリュさん)

食品商社にお勤めの「ととのえタローリュ」さんは。「きょうも北海道ホテルのサ室が空いてますように!」と神社で祈るほど。北海道ホテルのサウナを愛してるざんす。リニューアル、どうだったっすか?

「現在は定員7名(昨日は4名程がサ活)で。僕が入ったときは室温85℃でした。ですが、体感温度は間違いなく100℃レベル!

座席の高さが変わったことで、ロウリュした蒸気が上だけでなく横にもダイレクトに流れるようになり刺さるような熱さで4セットで終了してしまいました…。

旧サウナよりも白樺の香り*、サウナ室内の木材(ひのき?)が増しており、リラックス効果&清潔感満載でした!

サウナストーンの上には蝦夷鹿のツノが、壁には熊の木彫りがあり、気持ち的にホテルのサウナではなく、山小屋でサウナしてる気分になります。

そして何より、サウナ室内の圧迫感が無くなり、結構広くなってました!これは旧サウナをご存知の方は、嬉しびっくりだと思います!水風呂、外気浴はいうまでもなく最高でした!」 

196149354_559266538392862_760635367141829239_n.jpg

*現在、白樺のアロマ等を使った「アロマ水のセルフロウリュ」を週2回実施中っす。詳しくはサウナの掲示を~。

極上!北海道ホテルの「朝ウナサ飯」&「ランチ」

朝ウナのあとのお楽しみといえば「サ飯」っすよね。北海道ホテルのサ飯もどれも極上。少しだけご紹介しやすと~。

泊まりサ活か。朝食付き日帰りサ活プランでのイチオシ!はこちらっ!

IMG_20210506_080724.jpg

「スープカレー」っす。ピリ辛な味わいと地元の食材を使ったやさしい食感がたまらんす~。ちなみに和食も洋食もいただきやした。そちらも旨かったっす。でもサウナーにはこっちかなぁと(笑)

そしてテイクアウトでさくっといただけるのがこちら。8時営業開始の売店『エブリシングノース』にあるパン屋さん『UNCLE MOORSEN'S』のパンっす。

IMG_20210515_112647.jpg

パンダリー、圧倒的な米好きで。パンはほぼ食べなかったんすが…ここのはパクっ!と秒殺で食べちゃうっす。特に好きなのがこの↑「寿あんバタフランス」。希少な小豆『十勝産寿小豆』で作った餡とバターの塩味が絶妙っす~。

もう一つだけ、土日限定!特製チョコレートがたっぷり入った「ホテルコロネ」!

IMG_20210515_084421.jpg

濃厚but甘すぎないチョコが。サウナあとは甘味が脳にガツンと効くざんす~。これを買うために朝ウナの時間をちょっち遅らせて買うぐらい好きで。なんたって主人(妻)も大好きなんでご機嫌も⤴ので、ありがたいっす!(笑)

最後は朝、というよりブランチ、昼っすね。最近はまっているのが『バードウォッチカフェ』の「ぐるっとTOKACHIフェア」ランチっす。

list_1601_top.jpg

(北海道ホテルHPから引用。6月は「士幌町」の特産野菜っす。)

十勝管内に24ある各JA自慢の食材を使った極上なランチっす。で、なんとこの料理でお値段が…2000円税込み

サウナ三昧の中。主人(妻)のポイントも稼げるので。なんまらありがたいんすよね~w。

☆前回「日本初!ハンティングサウナの裏側」はこちら~

https://sodane.hokkaido.jp/column/202105301200000989.html

1

この記事を書いたのは

パンダ・リー(サウナ野郎っす)

No Sauna, No Life!
“ととのう”話だけをお話するっす。
趣味は極真空手、旅、そしてサウナ。

「副業」はHTB帯広ブランチ・釧路ブランチの代表。21年5月から“サ国”とかちの首都「帯広」に移住。十勝・根釧を中心に北海道の魅力を国内外への情報発信を。“営業”としてCM、番組企画、そしてSODANEでお手伝いしてるざんす。お声がけ、お待ちしとります~。

サウナ情報&ご感想はTwitterで「パンダ・リー」まで!
https://twitter.com/matsu08130896