温泉にも入れる人工乳房広めたい 乳がん患者に【自由】を!3人の女性の思い 両側乳がんになりました 170 

『人工乳房をつけたときに女性の表情が明るくなる』

こう話すのは、鈴木万紀子さん。

鈴木さんはボランティア活動などで出会った、秋沢京子さん、北堀善美さんと3人で人工乳房を販売する会社を立ち上げました。

名前は『カノアクルー』(自由な仲間たち・・・ハワイ語)

女性たちに自分らしい人生を送るためのサポートをしたいと2019年に起業。新潟の人工乳房メーカーとのご縁からセミオーダーの人工乳房『ルアナブレスト』を販売しています。

コメント 2022-10-28 154556.png

リアルな重さ、驚くほどの乳房の再現度がよろこばれているといいます。

肌の色やトップの位置や形は人それぞれ・・・。

東京・三鷹市にあるサロンで実際に試着。写真撮影をして、その方の肌の色に合わせた着色をして完成させてからのお渡し。装着式なので取り外しは簡単で専用の装着剤で温泉にも入ることができます。

病気などが理由で乳房を失った女性たちに、その楽しみをその生活を我慢しなくていい生活を送ってもらいたい。
これをきっかけに前向きな気持ちになれるようお手伝いできればといいます。

再建手術という選択肢もありますが、装着式の乳房を望む方はもっと多いのではと感じている、というカノアクルーのみなさん。

大阪のイベントにも出店、そのニーズがあると実感したとか。

日本には装着式の人工乳房を作るメーカーは10社ほどありますが、まだ必要な方に届いていないではないかと私も感じます。

『温泉・ジムに行きたいけれど人の目が気になる』

『人に気遣いさせるのでは』

『孫とお風呂に入りづらい』

『暑い時期でも胸元があいた服が着られない』

『左右きれいなシルエットが出ない』

『身体のバランスの悪さによる腰痛・肩こりがひどい』

『摘出した方のブラジャーが上がってきてしまう』

などのお悩みは患者さんならひとつは感じたことがあるのではないでしょうか。


主に接客をされている秋沢さんが感じていることがあります。

『摘出したら元気に見えて、深刻ではないと思われる。

普段、人には言えないけれど、見られないけれど、それぞれの事情や胸の問題に向き合われていると思うのです。

胸にこだわっているのを知られると恥ずかしいわとおっしゃる方もおられる。

でも手術直後の方もいますが、20年後の方もいらっしゃるのです。

それだけお胸への思いはり患された方にはあると思うのです。

再建を躊躇されている方もご自分の目で人工乳房を見たら、出来上がったお胸を見たら明るくなるのです。ああ、よかったな、と思うのです。』

セミオーダーですが、試着してみると、あう方が多いといいます。

全摘だけではなく、温存の方でも試着すると綺麗にあうといいます。
柔らかさにこだわってつくられた人工乳房。

色がつくとその立体感もあいまって『つけたときの表情がパッと明るくなる』と話します。

秋沢さん『乳がんにり患されたあとの情報はクローズで広がっていないように思うのです。自分だけで頑張っている人が多いので、ここで少しでもお話をしてもらいたい。そして見た目で少しでもそのサポートをしたい。人工乳房もその選択肢のひとつとして知ってもらえればと思います。』

鈴木さん『海外での再建はドイツなどでは盛んで、日本はまだまだだと感じます。乳がんになったその後の生活をよりよく生きるために、できることをもっと表に出していきたい』と話します。

まずは知ってもらうコト。

コメント 2022-10-28 154528.png

パンフレットなども作り、フェムテックの展示会などにも出展、広げる活動もしています。

やはり、まだ高価な人工乳房。北海道では音更町など自治体での購入時の補助も少しづつ広がってきています。

手術後の選択肢の一つとして・・・

乳がん手術後の女性の心にカノア(自由)を届ける取り組みにこれからも注目です。

★カノアクルー
https://kanoacrew.co.jp/

がんとともに、、、。

番組、SODANEへのご感想、ご意見お聞かせください。
番組制作、今後のイベント、SODANEなどで活用させていただきます。
がんとともに生きる方、ご家族を持つ方、そうでなくても、もちろん、どんなことでも、構いません。
決して1人ではありません。

メッセージはこちらから
1

この記事を書いたのは

阿久津友紀

10月28日(土)
『HTBイチオシ!×JRタワー』ピンクリボントーク 9人にひとりが私でした

乳がんの啓発活動、ピンクリボンに取り組んできたひとりのディレクターが両側乳がんに。
『知らないとジャッジもチョイスもできない』知っておきたい『がんと生きる』基礎知識。
日々のセルフチェックの大切さや、誰かのサポートのときに役立つ内容も。

■日時:2023年10月28日(土) 13:00~14:30
■場所:札幌ステラプレイス センター3F特設会場
■定員:50名(参加無料)
■参加方法:当日、12:00より上記特設会場にて、第一部トークショー専用整理券を先着
50名様に配布いたします。※なくなり次第終了。

https://www.jr-tower.jp/page/2023pinkribbon/

『おっぱい2つとってみた がんと生きる、働く、伝える(北海道新聞社刊)10月6日発売

おっぱい2つとってみた がんと生きる、働く、伝える

日本癌治療学会 市民公開講座 9月23日(土)

https://www.jsco.or.jp/public/public_seminar/upcoming_seminar.html


「LINE特集 「失われる自分らしさ」。乳がんになった私たちの3年間。例え、心が折れそうでも…」
https://news.line.me/detail/oa-htbnews/bt2o2l9r6cfc

YouTubeで乳がんについて配信しています!

ピンクリボントーク【ホルモン治療の副作用と簡単ヨガ】 
https://youtu.be/gOOiLPH-n2I

温泉ソムリエも取得しました!

『アピアランスケアを考える』
https://youtu.be/3qVd1xXFvaU

ピンクリボントーク 患者と家族と社会 ~生きてくのに必要なコト~
アーカイブ配信:無料
https://youtu.be/PS4eJMy4GcY

第4弾の”がん患者さんとココロ” 北海道の斗南病院の精神科長で登録精神腫瘍医の上村先生に伺いました。アーカイブは
https://youtu.be/D-j4RrGSgkw

これまでの動画は・・・
【乳がん】おっぱい2つとってみた

HTBノンフィクション おっぱい2つとってみた
【2020年日本民間放送連盟賞 番組部門 テレビ報道番組優秀賞受賞】
【2020年ギャラクシー賞 奨励賞】

HTBonデマンドで無料配信中!
https://www.hod.htb.co.jp/pg_nf/pg_id_nf006

テレメンタリー2020『おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~』年間最優秀賞 
ギャラクシー賞・選奨(報道活動部門)/民放連 放送と公共性 優秀賞
活動の一部は・・・
youtubeLIVEでピンクリボントーク① 見逃し配信中!
https://sciencefestival.jp/event/breast-cancer/

合わせて読みたい