私をスキーに連れてって世代 ゲレ食はカレーか?ラーメンか? さっぽろ単身日記

私をスキーに連れてって、の世代

スキー場の食堂と言えば

 

高い

混んでいる

それでいて大してうまくない

 

んなイメージだった

 

分かっていてもつい立ち寄ってしまう。

ほかに食べるところがないということもあが、冷えた体に空腹、スキー場で食べるという非日常的な空気特別なイベントに変えてしまう

 

Bスキー場もロッジの2階に大きな食堂があ

食券機を前にして立ちすくんでしまった

 

ラーメンにするかカレーにするか。

 

どちらかと言えばラーメンの気分なのだが、カレーの「早さ」も捨てがたい

ラーメンは麺をゆがく時間が必要なので出来上がるまで少し待たされ。そのため行列ができていることが多く、さらに時間がかかってしまう。その点カレーはごはんにかけるだけだから、ちゃちゃっと食べるにはうってつけだ

 

この日もやはりラーメンのカウンターには数人が並んでいた。悩みに悩んだあげく、注文したのは800円のカレーライス。待ち時間もなく受け取り、トレーに載せて空いているテーブルに座る。すると周りからラーメンスープの温かい湯気が漂ってきた

 

ああ、やっぱりラーメンにすればよかった。

 

面倒くさがって列に並ばなかった自分を責めた。次は味噌ラーメンだな、と思いながら目の前のカレーライスを見つめる。こういうところカレーって大抵似たような味だった。それなのにどうしてカレーにしてしまったのか。まあ、いまさら後悔しても仕方ない。おなかが膨らめばいいか程度の気持ちでスプーンを口にした。

 

ん?

 

想像していた味と違

どう表現したらいいのだろう。いままでスキー場の食堂で食べた、いかにも袋から取り出しました的なお決まりの味ではないむしろ子どもの頃に家で食べたような懐かしい味。ほどよく煮込まれた豚肉しっかり入っている

 

20年ぶりのスキー食堂のレベルも進化していのか

 

最近知ったのが、スキー場での食事のことを「ゲレ食」と言うらしい。ゲレンデで取る食事の略。ネットで「ゲレ食」と検索すると各地のご自慢のメニューがずらっと出てくる。そんな中で気になるワードを発見した

 

「ゲレ食バトル」

 

長野県のスキー場の「ゲレ食」ナンバーワンを決める〝総選挙〟だそう。長野県の公式観光サイトに今シーズンのエントリーメニューが紹介されてい回とあるので毎シーズン開催されてらしい

中でも目を引いたメニューがこれ

 

「オーブンで作る旨辛チーズ牛カルビ野沢菜ライス」

 

一体どんな味なのか。

信州のおいしさが凝縮されているのは間違いなさそうだ

 

北海道も負けていない

小樽市のホテル「OMO5小樽by星野リゾート」は小樽天狗山スキー場の山頂カフェでお寿司を提供するサービを始めた。その名も

 

「ゲレンデ寿司」

 

目の前で、小樽の有名店の寿司職人が冬の小樽ならではのネタを握る。そんなお寿司をゲレンデと海の絶景を眺めながら食べる究極の「ゲレ食」だ。宿泊者限定で料金はなんと1人2円!

もはや「ゲレ食」はスキーついでの食事というカテゴリーを超えてしまった。

 

偉そうに「ゲレ食」を語ってしまったが、札幌に来てからまだ800円のカレーライスしか食べていなかった。次は味噌ラーメンにしよう。

1

この記事を書いたのは

山崎 靖

朝日新聞記者、社員
姫路支局、宇治支局、大阪社会部、東京社会部、神戸総局、仙台総局、名古屋報道センター、社長室、人事部、西部編集局(福岡)などを経て、2021年4月から北海道支社長

人事部時代にキャリアコンサルタント、産業カウンセラーの資格を取得

昭和40年生まれ、新潟県十日町市出身、金沢大学法学部卒業
コラム「新聞の片隅に」
https://www.asahi-afc.jp/features/index/shimbun