sodane

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の 19施設目となる「界 ポロト」1月14日に白老町で開業

星野リゾートから北海道に関する記者会見が行われました。星野佳路代表は『WBFの運営も引継ぎ、新ホテルと合わせて2300室。北海道では非常に大きなスケールになった。』と話しました。旭川にあるOMOブランドとしてこの冬に『OMO5小樽』、『OMO3すすきの』の開業も発表されました。

そして、今回、星野リゾートの温泉旅館ブランド『界』としては北海道初進出となる『界 ポロト』のオープン日も明らかになりました。

温泉は”ポロト湖”の懐にひたるような”一体感”

現在建設が進められている、『界 ポロト』。多くの野鳥が生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に位置しています。コンセプトは「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」。

【界 ポロト】施設外観.jpg

全ての客室がポロト湖に面しているため、眼前には湖の広がりを感じることができます。『モール温泉』が自慢の白老温泉。ポロト湖の懐にひたるような一体感を感じながら湯浴みがたのしめる宿になっているとのこと。

設計は、アイヌ文化を尊重し、異なる民族との共生を体験できるよう建築家・中村拓志(なかむらひろし)氏。敷地内に大胆に引き込んだつくりが特徴的で施設のどこにいてもポロト湖を身近に感じることができます。

【界ポロト】ロビーパース.jpg

アイヌ語で「大きな湖」を意味する「ポロト湖」。アイヌ文化伝承の地として維持されてきたポロトコタン(ポロト湖畔のアイヌ民族の集落 )から着想を得て、湖面にはアイヌ文化の建築特徴であり、丸太組みの三脚構造である「ケトゥンニ」を基本構造とした湯小屋が並びます。


全42室の客室はポロト湖に面しており、眼前に広がる湖との一体感を感じられます。穏やかなポロト湖面の奥には、白樺やカエデが繁る天然林が広がります。

【界 ポロト】客室パース.jpg

室内には白樺の丸太を配し、雄大な自然に溶け込んでしまうような感覚に包まれます。そして、壁紙やクッションなど、室内のいたるところに、アイヌ文化から着想を得たデザインを用いているそうです。

地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」も『界ブランド』の特徴ですが、もうひとつの特徴でもある、その地域の伝統文化や工芸を体験する「ご当地楽(がく)」にも注目、です。

世界的にも珍しい「モール温泉」 は日帰りでも

界 ポロトの温泉は「モール温泉」。(泉質:アルカリ性単純泉 pH:8.82) 天然植物由来の腐植質の有機物を含み、独特な茶褐色の湯が特徴です。

■大浴場「△湯(さんかくのゆ)」

宿泊者のみ利用できる「△湯」は、施設のアイコンでもある「とんがり湯小屋」の中にあり、露天風呂、内風呂を備えています。新緑、紅葉、雪景色、四季折々、ポロト湖の景色を眺めながら浸かる露天風呂。そして、内風呂は、源泉かけ流しの「あつ湯」と、心身を鎮静させる「ぬる湯」の2つの湯船があるそうです。

【界 ポロト】△の湯_露天風呂.jpg

「△湯(露天風呂)」のイメージ


■もうひとつの大浴場「〇湯(まるのゆ)」

「○湯」は、宿泊者以外の方も利用できる温泉で、宿泊者にとってはもうひとつの大浴場です。湖上に佇む開放的な「△湯」に対し「〇湯」は洞窟の中にいるかのような空間になります。内風呂のドーム天井の頂部には外の自然と繋がる丸い穴があき、ポロト湖の自然を感じる柔らかな光が差し込みます。「△湯」とともに、ポロト湖周辺との環境に溶け込み、地元の方に愛される名湯を目指していくそうです。

【界 ポロト】〇湯パース.jpg

「〇湯」のイメージ

民族共生象徴空間「ウポポイ」に隣接する『界 ポロト』、オープンが楽しみです。予約開始は10月中旬を予定しているということです。

施設名称:界 ポロト

北海道白老郡白老町若草町1-1018-1
電 話:0570-073-011(界予約センター)
客 室 数:42室

料 金:
1泊 28,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料・税込、夕朝食付)

日帰り温泉「〇湯」 一般1,500円、白老町民400円

アクセス:JR白老駅より徒歩15分、新千歳空港より車で約40分
U R L :https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaiporoto/

1

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。
北海道・北海道外に関わらず、楽しいことをどんどん発信!情報もお待ちしています!